| 参照:fujifilm x100v | 富士フイルム こんにちは、ぐらっとです。 噂はいろいろと出ていましたが、fujifilm x100vがついに正式発表されましたね。 ということで、x100fユーザーとしてx100vに乗り換えるべきか考えてみました。 正直x100fに不満があるというわけではない、というかむしろ最高… // ]]>, まずはX100Fユーザーとして、なんでX100Fを買ったのか整理しておこうと思います。, 最新機種が気になるのは当然なわけですが、ここで一旦冷静に考えてみるとぼく、X100Fめっちゃ好きなんですよね。, まず開放F値での描写がいい。あの独特のピント甘めでふわふわな雰囲気がなんとも言えないんですよ。, こんな感じで柔らかい雰囲気に仕上がるので、ここがX100Fの一番のお気に入りポイントです。, もう一台のメインカメラ、EOS RPももちろんいいカメラなんですけど不思議な魅力があるのがX100F。, クラシカルなデザインで他の国内メーカーのカメラとは一線を画する雰囲気があると思ってます。, APS-Cセンサーの単焦点カメラで10万超えということで、やはり比較対象はGRIIIかと思います。, 実際のことを言うと、ぼくもX100FとGRIII、どっちがいいのかっていろいろ考えたんですが、結果としてX100Fを買ってよかったと思ってます。, 【レビュー】X100Fを6ヶ月使ったので作例を交えつつ感じたことを語る。 - ぐらっと記, ここからはX100Fから進化した点・変更されたポイントを中心に、X100Vについて考えていきたいと思います。, X100Fユーザーとしてはやはりどこが変わったのか、どこが進化したのか?が気になるわけです。, ということでざっくりまとめてみましたが、ここからはポイントを絞って詳しくみていきましょう。, X100Fユーザーにとっては待望とまでは言わないかもしれませんが、やはりあると便利なのが可動式の液晶モニター。, 個人的にはこのカメラに関しては必須とまでは思ってませんでしたが、X100Fよりも撮影の幅は間違いなく広がるので評価したいポイントです。, 見た目はかなりすっきりしたことには違いありませんね。よりミニマルでクラシカルな雰囲気になったように思います。, 23mm F2レンズであることは変わりませんが、変更点としては非球面レンズが1枚増えているとのこと。, これによって開放時の写りが変わるのでは?と言われたりしてますが、個人的にはあのふんわりした写りが好きなので、変わらないでほしいと思っていたり。, デザインに関しては、まず正面からの見た目が変わってます。X100Fでは革張りが非対称だったんですが、X100Vでは対照的な見た目に。, ぼくも使っているブラックに関して言えば、革張りの境目はあまり目立たないのでX100Vになってもそれは同じかと思います。ただ、シルバーは少し雰囲気変わりそうかなといった感じですね。, 写真だけでの判断にはなりますが個人的には今までのX100シリーズから更にシンプルになっていてなかなかよさそうだなと思ってます。, またアルミ素材を使用しており質感も向上しているはずなので、とにかくはやく触ってみたい。, サイズ感としては、X100Vは若干大きく、重くなっているようですが、サイズ・重量とも微増なのでそこまで違和感なく使えるのかなといったところ。, それよりもチルト液晶になったことで、撮影の幅が広がったことを歓迎すべきでしょうね。, バッテリー持ちが270枚から350枚になっているのはありがたいですね。電池持ちはいいに越したことはありませんから。, あとは接続端子がマイクロUSBからUSB-Cになっているのも歓迎したいポイント。今どきマイクロUSBだったら悲しすぎるので、ここは良かったかなと思います。, またフィルムシュミレーションについても、エテルナとクラシックネガが新たにX100Vに対応していますね。, クラシックネガはX-Pro3から搭載された設定なのですが作例をみてる限りでは、かなり好きな感じなのでぜひ使ってみたい。, この記事を書くにあたって手持ちのX100Fをじっくり見る機会が生まれたわけですが、以前にも増してX100Fが好きになったような気がしています。, X100Vを買うとなると、めっちゃ気に入っているX100Fを手放すことになるわけで(さすがに両持ちは厳しい)、そう考えると迷う…というのが現時点の気持ち。, 発売日は2020年2月下旬にシルバー、3月にブラック、価格はいずれも16万円前後でないかと言われています。ということで、ぼくはもう少しだけ悩みたいと思います。, 好きなモノや気になるモノについて書いています。ガジェット、カメラ、革製品が好きな20代男子。, 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。 この詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。, 次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。, gurattokiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 X100VをX100Fと比較してみる. 私もデザインだけで言ったらX100VよりX100Fのクラシカルなデザインの方が好きかも知れない, アダプターリングの厚さが無駄だし、富士フイルムの中の人も改善して欲しい声があることは理解しているみたいなんですけどね…, This site is protected by reCAPTCHA and the Google, 秋と過ごすTAMRON28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDのファーストインプレッション, FUJIFILM X100用ワイドコンバージョンレンズ シルバー WCL-X100S II, FUJIFILM X100用テレコンバージョンレンズ シルバー TCL-X100S II, ネットプリントおすすめは?現像のプロと比較して選んだ安くて最高のサービスはここだ!【2020年度版】, 富士フイルムのカメラを使っているブロガーさんを紹介させて欲しい。【2019.11更新】, XF18-135mm F3.5-5.6って便利ズームで画質も悪くないのになぜ評判悪いのか?問題について考える。, マイフジフイルムでLightroomの書籍が当たった!メルマガはチェックした方がいいよ。. ついにコタツを導入しました。 あとは車をスタッドレスタイヤに交換すれば冬支度はおしまいかな。 それでは今週もいってみまし ... え?今日から11月なの? さすがにこたつ出そうかな。 それでは今週もいってみましょう! 今週の気になった記事やニュース ... TAMRON28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDを購入して1ヶ月ほど使ってみたファーストインプレッ ... 少し寒さにも慣れてきましたが、来月初めにはこたつを出したいなと思う今日この頃。 懐の急激な寒さにも要注意、カメラほしい。 ... 今週はカメラの発表ラッシュでワクワク! ついつい買う算段をつけようとしてしまっていけませんね。 それでは今週もいってみま ... 好きなカメラ(主に富士フイルム)や写真、ときどき子育てについての情報を発信しています。, こんにちは、執筆段階で富士フイルムを手放して持っていない筆者はX100の後継機であるX100Vを心待ちにしています。, この記事では遂に発表されたX100Vと現行機であるX100Fとの比較なども交えて、購入する(つもり)である私が思うことなどについて書きましたので参考になれば幸いです。, 2020/2/5追記:発表されたのでX100Fとの外観の比較や改善して欲しかった所など大幅修正しました, 新たな光学系を採用し、シリーズ初のモデルチェンジを実施。歪曲収差、球面収差を低減し、さらなる高画質を実現, X100Vではレンズの枚数は同じですが非球面レンズの枚数が従来の1枚から2枚に変更されています。, 今までのX100シリーズのレンズでは絞り開放でのにじむ、ゆるゆるな描写が良くも悪くも大きな特徴でしたが、この描写に影響する球面収差を低減したとあります。, 実際に撮ってみないと判断できませんが、従来よりもシャープな今どきのレンズに変わるとみて間違いなさそうです。, 追記:X100F用のワイコン、テレコンレンズが使えるとのことなので今までのユーザーの方が仮に買い替えても使えそうです, ちなみにワイコンとテレコンにはⅠ型とⅡ型が存在しますが、違いは装着した時にレンズの補正を自動でしてくれるかどうか。, I型の場合は自分で設定画面を開かないと反映されませんが、使えないことはありません。, 今まで背面ディスプレイは固定式でしたが、X100Vではチルト式でディスプレイを動かすことが可能になりました。, X-T3などに搭載される縦構図でも使いやすい3方向チルト式ではありませんでしたが、使い勝手が向上したのは嬉しいポイントですね。, パッと見は同じカメラに見えますが、フロントレバーのデザインや位置、グリップの形状が変更されているのが分かるでしょうか。, 後述してますが大きく目を引くのは十字キーがなくなったことはX100Fと見た目を比べた時の一番の違いでしょうか。, 他にもQボタンの位置の変更やファインダーのアイカップが丸くなったり、タッチパネルになった影響かX-Pro3に近いボタン配置になっています。, また、左端の面取りの部分がなくなり角ばったデザインになりシャッタースピードのダイアル周辺のデザインも変更されています。, そして天面の素材がマグネシウムからアルミに変更されたため、シルバーでは色や質感がかなり違いが出ているので実物はもっと違うんじゃないかな。, ちなみに今回のエクステリアデザインは初代X100、X100Sなどを担当した今井 雅純さん。, 好みはあるかも知れませんが、X100Fのクラシカルなデザインを更に洗練させたものになったのではないでしょうか。, 一応アダプターリングとレンズフィルターを装着することで完全な防塵・防滴になります。, もちろん防塵・防滴仕様がなくても問題なく撮影できますが、X100Fまではファインダーにホコリが混入する問題を抱えていましたから厳しい環境で使用しない方にとっても良いことしかありません。, 細かい所ではシャッターダイアルを上に持ち上げた時に指を放しても上がった状態を維持するようになりました。, 意外と動かす時に常に持ち上げていないといけないのは大変だったので個人的には嬉しい改善です。, 敢えていうならセンサーサイズが同じGRⅢ、同じ焦点距離のレンズを搭載するソニーのRX1RM2が候補になりますが微妙にベクトルが違うカメラなんですよね。, 機動力や携帯性を重視するひとはGRⅢを購入しますし、画質やツァイスレンズが使えることを重視する人はRX1RM2を購入するでしょう。, どのカメラのデザインも素晴らしく、新しいカメラが発売されてもそのまま所有するユーザーが多いのも頷けます。, ・フィルムシミュレーション (クラシックネガ、エテルナ) ・低輝度-5EV(位相差AF) ・カラークロームエフェクト ・防塵防滴仕様(条件あり), X-Pro3が発売された時にも感じましたが、X-Pro2やX100Fの世代の時点でカメラとして完成度がとても高いです。, なので今までのX100シリーズのユーザーがすぐにでも買い替える必要があるかというと、オートフォーカスの進化やフィルムシミュレーション、防塵防滴仕様、レンズの進化に魅力を感じるかどうか。, 個人的には見た目のかっこよさだけでX100Fは買いだと思いますし、X100Vとは全く別のカメラとして2台持ちしても楽しめるはず。, 良い事ばかり書くとメディアの提灯記事みたいになるので、一応ここをもう少しなんとかしてくれれば…という点についても書いていきます。, 防塵・防滴仕様といういわばプロでも使える機種になるのなら、SDカードをシングルスロットからダブルスロットに変えてくると思うじゃないですか。, ですが今まで通りSDカードはシングルスロットのみ(しかも低速なUHS-I なのなんで…?), 私自身も常にRAWとjpegをそれぞれ分けて撮影していますし、X100シリーズはコンデジの中では大きい部類ですからスペースもあると思うので出来ないことはないと思うんですけど…, 富士フイルムはX100シリーズがプロのフォトグラファーも使っていることをアピールしていますから、こういう部分も改善した方が良いのでは?, 既にX-Pro3やGFX50では十字ボタンが廃止されていますからこの流れは必然だったのでしょう。, ただ、十字ボタンがなくて困ることはあっても十字ボタンがあって困ったことってないんですよね。, 実際にX-Pro3で撮影した時に十字ボタンがなくても何とかなることは確認済みですが、あった方が嬉しいのは間違いない。, この部分でユーザーを降るいに掛ける必要ってあるのかな?っていうのが素直な感想です。, X100Vから防塵・防滴仕様に対応になりましたが、アダプターリングとレンズフィルターを別途購入して取り付けないと防塵・防滴にはなりません。, 今までのフード、テレコン、ワイコンレンズも今まで通り使えるようにとの配慮かも知れませんが、せっかくレンズを刷新したのだからアダプターリングなしでレンズを取り付け出来て、防塵・防滴仕様を実現出来ていれば完璧だったのに…と思いました。, スマートフォンの影響でカメラの売上が下がる中、今世の中に必要とされるのは「所有したくなるデザインのカメラ」なのではないでしょうか。, 問題があるとするならシルバーとブラック、どちらを購入するのべきか悩ましい…ということです。, 色々書きましたが、X100Vの発売日の2月下旬(予定)がかなり楽しみですし、買うしかない。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 富士フイルムからAPS-Cサイズセンサー高級コンパクトデジタルカメラ「X100V」が2020年2月下旬に発売されると発表がありました。, 詳細な発売時期は発表されませんでしたがシルバーが2月下旬、ブラックが3月発売予定。, 新たにアルミニウムを採用した外装は、塗装されたボディでは感じにくい金属の質感を指先に伝えてくれる。, 超高性能センサー「X-Trans CMOS 4」の実力を余すことなく引き出すために、新設計の23mmF2レンズを搭載。, 絞り開放から高い解像力を発揮し、最短撮影距離から無限遠まで極めて鮮鋭な像を形成する。, それは、コートのポケットに入ってしまうほど小型軽量なカメラから生み出された画像だとはにわかに信じがたいほどだ。, さらに、ワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100Ⅱ」やテレコンバージョンレンズ「TCL-X100Ⅱ」を装着すれば、X100Vの表現力はより一層高まり、レンズ交換式カメラに匹敵するユーティリティを誇る。, 肉眼で被写体を直接視認したいという写真家の根源的欲求を叶えてくれる「OVF」と、露出やホワイトバランス、フィルムシミュレーションによる色再現などが全て反映され、極めて完成度の高い写真をいとも容易く撮影出来る「EVF」。, これをレバー一つで切り替えられるこのシステムはまさに「ファインダーの理想形」と言っても過言ではない。, X100Vではこれがさらに進化し、EVFには0.5インチ、369万ドット、明るさ最大1500cd/㎡の高輝度広色域有機ELパネルを採用。, ディストーションを抑え、視野率がさらに向上したOVFと相まって、史上最高性能のハイブリッドビューファインダーを実現している。, OVFモード時にファインダー右下にスモールウィンドウを出すことでピントの確認や正確なフレーミングが行なえる「エレクトロニック・レンジファインダー(ERF)」も引き続き採用。, X100Vでは撮影済み画像(ポストビュー)の表示も行なえるように進化し、さらに利便性と実用性が高まっている。, 「ファインダーを覗いて撮る」それこそが歴代X100シリーズが最も重要視してきたフィロソフィーだ。, 「変わらない大切なもの」と「変化を恐れない新しいチャレンジ」それを両立したのがX100Vに搭載した超薄型チルト式背面液晶モニターだ。, 収納時はボディ背面と完全にフラットになり、X100伝統のスタイルを微塵も汚すことはない。, 最新のX100が目指すものはいつだって過去を全て継承した上で成り立つ「深化」である。, 創業以来、世界中のあらゆる色を研究し、「美しい写真が撮りたい」と願う人々の希望に応えるべく様々な写真フィルムを開発してきた富士フイルム。, そこで培われた技術と経験を余すことなく注ぎ込んで完成させたのが世界で唯一無二のデジタルカメラ専用画質モード「フィルムシミュレーション」である。, 階調再現、彩度、露出による変化、ホワイトバランスとの調和など、「画質」に関する様々なパラメータを合算して導き出す言わば究極の画像設計技術。, ソフトウェアを使用した面倒な画像処理作業をすることなく、VelviaやPROVIA、ACROSといった長年世界中で愛されている素晴らしいフィルム写真の世界が再現出来る。, X100Vに搭載された全17種類のフィルムシミュレーションは、きっと貴方の表現力を期待以上に高めてくれるはず。, 2017年2月に発売された「FUJIFILM X100F」と比較して、大幅なモデルチェンジという印象を持ちました。, 外装・レンズ・ファインダー・背面モニター・イメージセンサー・映像エンジンなどカメラの主要部分の全てが新しくなっています。, まだ、実際には撮影していないので確かなことは言えませんが、スペックをみる限り、全体的な性能がかなり向上しているのではないかと予想できます。, イメージセンサーは「Xシリーズ」第4世代となる「X-Trans CMOS 4センサー」へ進歩しました。, 同じイメージセンサーを搭載している「X-T3」を参考にすると、高い画質だけでなくAF性能がかなりアップしていると思われます。, NDフィルターが搭載されてはいますが、イメージセンサーと映像エンジンのアップデートにより標準感度がISO200からISO160に下がった点もポイントです。, 描写力という点では「X100V」の公式ページに掲載されている作例を見てみましたが、裏面照射型構造のイメージセンサーらしく、光をキレイに感じているなという印象です。, 表現があいまいでわかりにくいかもしれませんが、もう少し具体的に表現すると、その瞬間のその場所に存在した空気を感じるということです。, EVFは約236万ドットから約369万ドットへとアップデートされたことでEVFの見え方も大きく改善されているはずです。, カメラとして最終的には写真の描写力が問われるわけですが、撮影する側の想いとしてはファインダーが良くないと、いい写真は撮れないと感じてしまうのは言いすぎでしょうか。, もちろん気持ちだけではなく、実際にファインダーが良く見えれば、被写体へのアプローチも早くなるわけですから大きなメリットだと思います。, ということで、「X100F」と比べるとユーザーの方には申し訳ないですが、「X100V」に思いきって買い替えをオススメしちゃいます。, あと、一眼で写真をたくさん撮ってきて、ちょっと気分を変えて写真を撮りたいなと思っている人に使って欲しいカメラです。, その不便さによって、自分の思い通りにできなくなるので、少し肩の力がぬけた写真が撮れます。, 実は「X-Pro3」を買おうと思っていましたが、「X100V」も良いなと思いはじめました。, レンズ交換はできませんが35mm判換算で約35mm相当のレンズがついているので、スナップにピッタリですし、コンパクトなのも良いですよね。, 富士フイルム「X100V」発売決定!プロ写真家が「X100F」との違いをピックアップして比較。.

東京 グール アニメ動画 2期 26, Vmware 無償版 制限 18, ジャニーズ 薄っぺら い 46, 山口一郎 インスタライブ 文字起こし 11, 内職 志望動機 例文 15, 看護助手 目標管理シート 例文 5, エハラマサヒロ 子供 うた 7, 可愛い イタリア語 単語 13, Shima 美容室 社長 15, Kohh 友達 元ネタ 8, 鬼滅の刃 Ss 炭治郎 4, Of That 意味 7, ドラゴンズドグマ ハードモード 切り替え 4, What Is Love 意味 7, しまむら インナー 口コミ 38, Net Framework 8, 漫画 安く読む ネット 5, あつ森 マイデザイン プレゼント 10, Windows7 バックアップ エラー 0x80070003 4, ディビジョン2 拘置所 収集アイテム 6, 緩ん だネジ穴補修 100 均 5, アルトワークス Ecu Hks 10, 養育費 払わない 割合 4, ダイヤモンド 雑誌 パナソニック 38, アウディ A3 スポーツバック カラー 5, Sandony カラオケマイク テレビ 接続 17,