兄貴分に当たるフルサイズフォーマットのミラーレスカメラ「Z 6」や「Z 7」に対し、Z 50はセンサーが小さい分、携行しやすく扱いやすい小型軽量ボディになりました。 いま オススメのチェキ人気ランキング!! ミラーレス機始めたいけど高いな… そもそもZ 50ってどんな機種なの? そんな疑問を全て解決します!, 普段からニコンD800などの一眼レフを使用している私がZ50の価格やライバル機との比較、おすすめレンズなど徹底的にレビューしていきます!, 今までNikonからはZ6とZ7というミラーレス一眼が一年ほど前に発売されていました。, これはAPS-Cというフルサイズより一回り小さいセンサーサイズを搭載していて、本体サイズも一回り小さくなっています。, 多くの場合、新しく上級機の下のモデルを出すときにはボタンや端子など多くのものが削られ大きく差別化を計られますが、Z50は上級機のZ6,Z7より多少のボタンが削られはしているものの大きく撮影体験を変えることなく中級機に落とし込まれています。, Z50は中級機程度の性能をコンパクトなボディに詰め込んでいるので、女性でも楽々撮り回せるようになっています。, Z50は有効画素数2088万画素と最近の高画素数化の流れから見るとあまり画素数が多い方ではありませんが、十分な画素数を持っています。, ISO感度は最大51200と高感度なので室内や、夜景など暗い被写体も明るく写すことができます!, 重さは本体のみで400g弱と片手でも楽々持ち運べる軽さで女性にも扱いやすいサイズで、お出かけをするときにも手軽に持っていくことができ、旅行先でもハイクオリティな写真を撮影することができます。, 連写速度は秒間11コマととても速いので、お子さんの運動会や電車の撮影など動きが早い被写体に強いカメラです。, また、動画の方もとても強く、このコンパクトなボディで4K30fpsの超高画質撮影ができてしまいます。, 写真を最高画質で撮影した場合、一枚20MB程度なので32GBのSDカードでは1600枚の記録ができる計算です。, しかし、バッテリー持ちはあまりよくなくて、一回のフル充電で約320コマと少し物足りないです。, ニコンは今までFマウントというレンズマウントを採用していました。(Sマウントというレンジファインダー用マウントもありましたがここでは無視します), しかし、Fマウントはフィルムカメラ時代から受け継いでいるマウントで、ミラーレスカメラのメリットである小型化には少し適していませんでした。, Z50には小型化が容易なミラーレスカメラに最適化された新しいマウントが採用されているわけです。, オープンプライスなので販売店によって大きく差が出てしまいますが、Z50の本体のみで約¥108,000と性能を考えるととてもコストパフォーマンスが良い価格設定です。, フルサイズはAPS-Cの1.5倍の大きさがあり、同じ焦点距離で撮影した場合に、ふた回りほど広く写るのがフルサイズ機です。, 本体上面の大きな違いはサブディスプレイがZ50で採用されていないところです。 Z6, Z7ではサブディスプレイにシャッタースピードやF値、ISO感度などの撮影情報を表示していましたが、Z50では採用されていません。, そして撮影モードダイヤルが左側から右側のサブディスプレイがあった場所へ移っています。, その他のボタンは減っていませんが、サブディスプレイがない分すっきりとした印象になっています。, 左肩から見ていくとまず目につくのが、再生ボタンと削除ボタンですね。 この二つが左肩から右下の1番下に並ぶようになりました。, そのまま左肩へ目を移すとディスプレイボタンがなくなっています。 これは液晶ディスプレイ右辺のタッチボタンに変更となっています。 Z50でもEVFを覗きながらディスプレイボタンを押せないことはないですが、物理ボタンの安心感は得られませんね。, 1番目立つ変更点に挙げられるのがジョグスティックの不採用です。 ジョグダイアルはフォーカスポイントの移動などに使われていましたが、それらが下のマルチセレクターに統合されています。 多くのAPS-C機でマルチセレクタに色々な設定が割り当てられているのでフォーカスポイントの移動がしにくいのですが、Z50は純粋なセレクタになっているのでそこはありがrたいですね。, 下の方へ目を移すと拡大ボタン、縮小ボタンがディスプレイ右辺のタッチボタンになっています。, USB端子はType-CからMicro-Bへと劣化していますが、しっかりとUSBから充電ができるようです。, また、メモリーカードも変更となっていてZ6,Z7ではXQDカードを採用していたのに対し、Z50ではSDカードが1スロットの搭載となっています。, Z50は本体が小型化されている関係でバッテリーが新しくなっていて、今までのEN-EL15とは互換性のないEN-EL25が採用されています。, 少し軽いようなシャコっといった音ですが撮っている感のあるとても気持ちの良い音です。, 手のひらに収まるような小ささながら、グリップが深めで女性から男性まで幅広く使えるようになっています。, また、重さも400g弱ととても軽く、レンズをつけても苦にならない重さなのでお散歩や、旅行など荷物を減らしたいときにとてもオススメです。, 変更点のセクションでも書きましたが、この程度の機種だと大体の場合セレクタの上下左右にISO感度やホワイトバランスなど他の設定が割り当てられてしまっています。, しかし、Z 50はマルチセレクタに設定が割り振られておらず、AFポイントの移動に純粋に使うことができるので撮影中にAFポイントを移動したいときに変な設定を変えずにすみとてもありがたいです。, また、このセレクトボタンは斜めの入力もできるのでAFポイントの斜め移動もすることができます。, Nikonミラーレス機は今までZ6とZ7の二機種しか発表されておらず、その両方ともフルサイズミラーレス機でした。, 初めてのAPS-Cミラーレスですが、上位モデルのZ7,Z6の形をほぼそのまま受け継いでいるので、とてもかっこいい仕上がりになっています。, 他社のミラーレス機でライバル機の位置付けとなるのがCanon EOS RPとSONY α6400です。, 有効画素数は2620万画素とそこそこ高画質といった感じだったり、連写性能も秒間約5コマとあまり速くはなかったりしますが一番の魅力は価格です。, フルサイズミラーレス機はボディのみで20万円弱だったり、高いものだと30万円を超えてきたりとても安いとは言えません。, 他を妥協してフルサイズミラーレスにするか、APS-Cながらも他にこだわったZ50にするのか、断言はできません。, 11月1にα6600が発売になり、二世代の型落ち機種となるα6400ですが、今でも十分に使える性能です。, センサーサイズはAPS-Cで有効画素数は2420万画素、最高連写性能は秒間約11コマです。, SONY α6400はSONYのミラーレスシリーズのフルサイズ機であるα一桁台のAPS-Cモデルですが、形が大きく違います。, 本体重量は359gと25g程Z50よりも軽いですが、ほとんど差は感じられないでしょう。, どちらも良いカメラなのですが、上位機種への移行を考えているときにスムーズに移行ができるのがZ50だと思います。, α7シリーズとα6xxxは大きく形が違っていて撮影体験も変わっているのでシリーズは同じと言えどほとんど違うカメラになっています。その点Z50はZ6,Z7からの変更点がとても少なく移行時に抵抗がないのかなと思います。, ⇒「動画撮影にめっちゃ強い SONY α6400|コスパ最高のミラーレスを実写レビュー」, ⇒初心者カメラ女子におすすめ!SONYα6400でふんわりかわいい写真を撮影する方法, ズームレンズキットはカメラとセットで販売されていて、初めてZシリーズを買うときにとても入りやすいレンズです。, このレンズは近くの子供だったり、風景画だったり普段使いでよく使う画角がカバーできてこの一本あればまずは大丈夫といったレンズになっています, キットレンズだからと言って質が悪いわけではなく、このサンプル画像の通りとても解像感が高く、背景もぼかせる素晴らしいレンズです。, 使わないときにレンズの胴体を仕舞うことができる沈胴式が採用されていてとてもコンパクトに持ち運びができます。, ダブルズームレンズキットは上記の16-50mmのレンズと50-250mmのレンズの二本と本体がセットになったものです。, このレンズのセットにすることで16mmの広角から250mmの望遠まで全てをカバーできるようになります。, 運動会やピアノの発表会など遠いところからの撮影には欠かせない望遠域もきっちりとカバーしていてとても便利です。, また、5段(CPIA規格)の手ぶれ補正を搭載していて手ブレの影響を受けずに撮影をすることができます。, AF(オートフォーカス)も高速で狙った被写体にすぐにピントが合い、狙った構図を逃がしません。, このアダプターは今までのNikon FマウントのレンズをNikon Zマウントに変換するためのアダプタです。, Zマウントの発表から一年経ってZマウントレンズが増えてきたとは言えまだまだラインナップは少ないです。, 今までNikonのFマウントカメラを使っていた人や、Fマウントの豊富なレンズを使ってみたい人はこのマウントアダプタを使ってZマウントカメラでFマウントレンズを楽しむのも一つの手です。, このマウントアダプタで約360種類のFマウントレンズが使用できます。そのうちレンズ内にモータを内蔵したAF-P,AF-S,AF-Iと品番に入っているレンズ約90種類以上でAF・AE撮影をサポートされています。, Nikon ミラーレス一眼カメラ Z50 ダブルズームキット NIKKOR Z DX 16-50mm+NIKKOR Z DX 50-250mm付属 Z50WZNikon 最安値 ¥138,900 (税込) 楽天市場 Amazon Yahooショッピング, Z50の発売日は2019年11月22日です! 今回発表のあったキットレンズ(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR と NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR)も同時に発売となります。, いよいよNikon ZマウントファミリーにAPSーCミラーレスが仲間入りします。ミラーレスはじめたいなと思いながらも価格で躊躇してる方は是非チェックしてみてください! Nikon Z50公式サイト, ご質問やコメント、記事内に誤りを見つけた場合には、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。, Rentryノートのメールマガジンに登録すると、新着記事のお知らせや、GoProなどカメラ・ガジェット・家電のお得な情報、最新家電が送料無料でレンタルできるRentryで使えるお得なクーポンがもらえます。, SONY α6000はコンパクトだけど本格派ミラーレスカメラ!実際に使ってみた感想をレビュー, 【最新】コスパ最高 CANONのミラーレス一眼レフ EOS M6!機能や作例を徹底レビュー!, 初心者でも簡単に撮影できるLUMIX ミラーレス一眼レフ DMC-GX7MK2を実写レビュー!, 【2020年】売れ筋ミラーレスカメラ SONYのαシリーズ 人気モデル5機種を徹底比較!, FUJIFILM X-T20を徹底レビュー! カメラを始めたい人にオススメのミラーレス, 【FUJIFILM X100V】新型のレンジファインダー搭載プレミアムカメラをレビュー!!, 女性に人気のミラーレスOLYMPUS PEN E-PL10をレビュー!E-PL9との違いは?, 2019年秋からRentryでインターン中の高専生。Apple製品や一眼レフなどを得意とする機材マニア。最近の悩みはコンサートで演出機材が気になって曲が頭に入らないこと。 ニコン Z 50は、ニコン初のDXフォーマットのミラーレスカメラです。 筆者はZ 6を愛用していますが、本機発表後にすぐ予約を入れたほど、魅力のある仕上がりとなっています。 厚生労働省、 この先もNikon Zシリーズでは、フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼の開発を進めて行くのかと私自身は思いましたが、2019年11月22日に発売となった新製品「Nikon Z50」はAPS-Cセンサーを搭載したモデルになりました。, 今回はNikon Z50を実際に使用してミラーレス一眼としてのサイズ感や実力を検証していきます。, これまでに高画素モデルであるZ7とスタンダードモデルであるZ6が発売されてきましたが、これらはどちらもフルサイズセンサーを搭載していました。, 当初は今話題のフルサイズミラーレス一眼に特化したシリーズかと思いましたが、今回ご紹介していくZ50は、ZシリーズながらAPS-Cセンサーを搭載していることが特徴的です。, Nikon Z6実写レビュー。激戦フルサイズミラーレス市場に満を持して参入したニコンの最新モデルを徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス], Nikon Zシリーズ徹底解説。現行3モデルの特徴や性能、価格を比較しておすすめポイントをご紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス], ソニーやキヤノン、パナソニックが展開するフルサイズミラーレス一眼に並んで存在感を見せているNikon Z6/Z7ですが、キヤノンにおけるEOS RシリーズやパナソニックにおけるSシリーズとは異なり、ニコンではZシリーズにおいてフルサイズ機で統一しない方向性を見せました。, 各社ミラーレス一眼カメラの開発については発展途上の段階で、今後の展開が各社で大きく異なるところですが、ニコンではミラーレス一眼シリーズの最新モデルとして、APS-Cセンサーを搭載したZ50を発表しました。, Zシリーズのイメージを崩さないまま、ライト層にも気軽に扱うことができるモデルとして発表されています。, ここからはNikon Z50における大きさや重さ、デザインなどの外観面について実機を使用してご紹介していきます。, これまでニコンでは多くのAPS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラの開発を行ってきました。, 今回ご紹介しているNikon Z50は、小型・軽量が特徴の一つでもあるミラーレス一眼のタイプとなっています。, Nikon Z50でもミラーレス一眼らしいコンパクトさを感じることができ、その大きさはこれまでの主流であった一眼レフと比較すると大幅に軽量化を実現しています。, Nikon Z50では、一眼レフ開発で培った使いやすさを追求した操作性を継承し、ボディにおけるボタン配置やダイヤルの使い勝手など、ニコンらしさを感じることのできる操作性を実現しています。, また、撮影時の操作で必要なボタンやダイヤルは、シャッターボタンの周囲およびボディ上部と背面の右側に寄せており、カメラを構えた際にカメラを支える右手だけで操作のほとんどを完結することができる設計になっています。, 背面の画像モニターには、3.2型104万ドットの大型・高精細モニターを搭載し、タッチパネルも採用したことからスマートフォンのような直感操作も可能としています。, また、モニターではチルト式の可動モニターを採用しており、上下の広い範囲で自由な角度調整が可能となっています。, また、画像モニターを下方に180°展開することで、カメラ側で自動的に自分撮り専用画面へと切り替わり、セルフタイマーの設定と露出補正の設定を行うことができます。, カメラボディとしてはこれまでFマウントで展開されてきた一眼レフよりもコンパクトを実現していましたが、画質や各シーンにおける撮影性能についてご紹介しています。, ニコンでは、伝統的に撮影性能へのこだわりや挑戦への意識が高く、常に高いクオリティを実現しています。, 今回のNikon Z50においてもフルサイズ機であるZ7/Z6と共通の大口径でレンズ開発における自由度が高くなるショートフランジバックのZマウントを採用しています。, 構造面で優れていることからFマウントよりも更に質の高いレンズ開発が可能となったNIKKOR Zレンズを使用することで、伝統と最新技術が合わさった高画質を得ることができます。, 既に発売となっているZマウント用のレンズも共通のマウントであることから使用することができ、今後着実に増えていくZマウント用レンズという将来性にも可能性を感じます。, Nikon Zシリーズになってからフィルター機能として搭載されている[Creative Picture Control]ですが、Nikon Z50でも一押しの機能として搭載されています。, [Creative Picture Control]では、画像における仕上がりのイメージを調整することができるフィルターで、これまでは撮影後にフィルター加工が必要であることや、RAW現像による調整が必要でしたが、撮影時に[Creative Picture Control]を使って仕上がりイメージを確認しながら撮影することができます。, 様々なフィルターが用意されていますが、そのどれもが色々なシーンで使うことのできる優しくも印象的なイメージへと仕上げてくれます。, Nikon Z50は、使い勝手の良い操作性や[Creative Picture Control]などの機能面などから初心者にもおすすめできるカメラですが、初心者だけに留まらず、既にカメラを趣味にされている中級以上の方にもおすすめできるモデルです。, 上記でご紹介した性能・機能面以外にも細かいシャープネスの調整が可能である「ピクチャーコントロールシステム」の搭載や、撮影シーンに合わせてカメラが最適な設定を自動的に行ってくれる16種類のシーンモードなど、カメラを簡単で気軽に使いたい初心者の方から、細かい部分まで調整したいこだわりを持った方まで、誰もが満足できるモデルです。, 既に大きな盛り上がりを見せているミラーレス一眼市場ですが、どのメーカーが優位な状況に立てるかというのは現段階では何もわからないと言えます。, ソニーは既に多くの製品を開発しており、現時点では優位ですが、追いかけるようにキヤノンやニコンも持ち味である技術力を活かした製品開発を進めています。, 発展途上だからこそどのメーカーにもチャンスはありますが、ZシリーズにおいてAPS-Cセンサー搭載のモデルを発表したというのは、一つの変化として面白みを感じるところです。, フルサイズセンサー搭載モデルで下位モデルを作るわけではなく、APS-Cセンサー搭載モデルとして発表したことは直接的なライバルとなるキヤノンとは少々異なる戦略で、今後のユーザーによる反応が気になるところです。, 2019年最新おすすめミラーレス一眼カメラ10選!初心者でも失敗しないカメラの選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス], 一眼レフとミラーレス一眼を比較検証!両者の本当の違いを初心者向けに徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス], Rentioでは、話題の最新ミラーレス一眼カメラから、定番のモデルなど、豊富なラインナップから自由に選んでレンタルすることが可能です。, 新しいカメラというのは実際に使ってみて決めたいものですよね。失敗しないカメラ選びのためにもレンタルでもお試しがおすすめです。, 是非この機会にRentioで気になるカメラをレンタルして、失敗のないカメラ選びに役立ててください。, [レンタル] NIKON Z50 ボディ ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ], 2020年最新おすすめミラーレス一眼カメラ11選!初心者でも失敗しないカメラの選び方, 一眼カメラメーカー7社を徹底比較!初心者が知りたい各メーカーの特徴や違いを分かりやすく解説, [2020最新]Canon(キヤノン)おすすめ一眼レフ10選。王道EOSシリーズから人気モデルをご紹介, [2020厳選]フルサイズミラーレス一眼おすすめ8選。話題のCanon、Nikon、SONYから人気モデルを徹底紹介, 初心者が気になる「フルサイズ」と「APS-C」の違いを徹底解説。画質、画角、対応レンズに大きな違い, [最新]キヤノンおすすめレンズ10選。まずは揃えておきたいレンズを性能と価格から徹底紹介, GoPro HERO9 Black実写レビュー。画質、手ブレ補正、フロントディスプレイで大きな違いを見せた最新モデル, Canon EOS R6実写レビュー。次元の違いを感じる圧倒的な完成度を叶えた最新ミラーレス一眼カメラ, Canon EOS R5実写レビュー。あらゆる性能で“理想”を体現した最新フルサイズミラーレス一眼が誕生, Canon EOS Kiss X10i実写レビュー。人気初心者向けシリーズの最新上位モデルの実力を徹底解説, 新時代の衣類ケア家電“LG styler”特別インタビュー。「気持ちも衣類も毎日リフレッシュできる」, OLYMPUS PEN E-PL10実写レビュー。はじめてのミラーレスにおすすめの小型軽量・簡単操作を実現, Canon EOS M6 Mark II実写レビュー。進化が止まらないEF-Mマウント最新ミラーレス一眼の実力, Canon EOS 90D実写レビュー。久々のキヤノン最新一眼レフを使って感じた圧倒的な性能の進化, SONY RX100M7実写レビュー。使って感じたRX100最新モデルにおける着実な進化, SONY α6400実写レビュー。上級機に匹敵するAF性能や新機能を実際に使って徹底解剖, 高価なカメラや家電のレンタルならRentio。 全品往復送料無料。お試し利用にもオススメです。, Nikon Z50実写レビュー。Zシリーズにおいて初めてDXフォーマットを搭載したミラーレス一眼の誕生.

虚血性大腸炎 自宅療養 ブログ 49, ワード 招待状 宛名 5, シェルティ ケージ 大きさ 19, K ステ 田中涼星 4, 忙しい彼氏 いつまで 待つ 15, マイクラ 統合版 たまご 6, S14 前期 ヘッドライト 4, 舌 ピリピリ 食べ物 5, アウトランダー 足回り 異音 8, 猫 ダニ 取り方 13, Office 使い回し ばれる 22, 中国 紙 サイズ 6, Bts ニュージーランド どこ 5, セゾン アメックス プラチナ メタル 6, ハンド ブレンダー ヨーグルトスムージー 4, Hde U3 0j 分解 4, 八丈島 ナズマド 事故 5, ニューバランス M1500 手入れ 5, Youtube ライブ 追っかけ 再生 できない 4, コレコレ ガードマン まとめ 6, 東工 大 2017 化学 解答 4, ピン 410lst ドライバー 評価 4, Vita スマホ 音楽 8, リンナイ ガスオーブン 口コミ 8, アスダル年代記 シーズン 4 6, 齊藤京子 声 可愛く ない 6, Windows7 バックアップ エラー 0x80070003 4, 子供 髪型 男の子 ツーブロック 切り方動画 10, 八代英輝 の 兄 12, 犬 脱水症状 痙攣 4, 猫 尿路 結石 入院 4,