台風19号による浸水面積が最も大きかったのは、福島県と宮城県を流れる阿武隈川の流域だ。今回の台風で浸水した2.3万ヘクタールのうち過半の1.26万ヘクタールを同流域が占める。中でも福島県郡山市にある郡山中央工業団地(下写真)では多くの企業が被災した(以下、状況は10月21日時点)。, 大手企業ではパナソニックの郡山工場。プリント基板の材料を生産している。正門ゲートが壊れ、工場内に浸水。被害状況は今なお確認中で、詳細はわかっていない。, ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングスの食材工場と本社もある。本社は浸水を免れたが、工場の電源施設が浸水し操業停止状態が続いている。同社のラーメン店は一時約150店が臨時休業となったが、小田原工場の増産などにより20日から順次再開。郡山工場が復旧し次第、全店通常営業に戻るが、その時期は見えていない。, 一方、同団地にあるカーナビ大手クラリオンの子会社工場は、15日夜から順次生産を再開し、21日には通常生産に戻った。氾濫した阿武隈川近くに位置する工場だが、他所より1メートルほど高い場所に立っていたためだ。2センチメートルほどの浸水はあったものの、設備に損傷はなかった。, 同団地そばの郡山西部第二工業団地にある耐磨耗工具・金型の国内トップメーカー、冨士ダイスのダイヤモンド工具工場も浸水被害で操業を停止している。水をかぶった製造設備が正常に機能するかは調査中で、復旧時期は未定だ。, パナソニックや幸楽苑ホールディングスなどの工場がある郡山中央工業団地は、大規模な浸水で多くの被害が出た(上写真:郡山市のホームページより 下写真:出所:国土地理院ウェブサイト), インタビュー・台風19号がもたらした教訓/東洋大学 理工学部建築学科 教授 野澤千絵. 台風19号による浸水面積が最も大きかったのは、福島県と宮城県を流れる阿武隈川の流域だ。今回の台風で浸水した2.3万ヘクタールのうち過半の1.26万ヘクタールを同流域が占める。中でも福島県郡山市にある郡山中央工業団地(下写真)では多くの企業が被災した(以下、状況は10月21日時点)。 10月12日夜から13日にかけて東日本を縦断した台風19号により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 当社 郡山事業所(郡山中央工業団地)においては10月13日早朝から構内への浸水被害を受 …

猫 避妊手術費用 安い 栃木 6, 大学 ぼっ ち 女 理系 6, 車 バック 音 キーキー 4, Youtube 再生回数 ゼロ 6, Sore Dove 意味 24, あん スタ Music攻略 衣装 4, Mac Dmg 開けない 8, 佐倉市 日 影 規制 4, Unity Resizable Window 5, ソフトバンク キッズフォン Sim 差し替え 5, Super Robot Wars V Pc Save Data 6,