情報通信コース(大学院課程) 5つの特長. 情報通信系について About Us. 卒業研究テーマ一覧: 指導教員: 時間相関カメラと同期するLED光源の制御に関する研究; ALS患者のための視線を用いた仮想キーボードの研究; レーザー距離計を用いた太陽光型植物工場SLAMの試作; Cybernetics Crowの視覚系の開発; 栗本育三郎 学びの体系. Copyright© 2017 Kansai University. 電気科、電子情報科の各学年において予定されていた下記の資格試験について、中止が決定したのでお知らせします。詳細については、各試験のホームページを参照してください。, ・令和2年度 第1回(学科) 2級電気通信工事施工管理(6月7日)・令和2年度 第1回(学科) 2級電気工事施工管理(6月14日), 電気情報システム系、電気科、電子情報科の各学年において予定されていた下記の資格試験について、中止が決定したのでお知らせします。詳細については、各試験のホームページを参照してください。 なお、中止となった各試験については、第2回(下期)以降での受験を予定していますが、他の試験や学校行事等も考慮した上で変更となることもありますので、登校再開後に連絡します。, ・令和2年度 第1回 工事担任者試験(5月24日)・令和2年度 第二種電気工事士 上期筆記試験(5月31日)・令和2年度 第1回 情報配線施工技能検定試験(6月6日), 電気情報システム系1年生の工業技術基礎において、「校内電気工事コンテスト」を実施(A組:9月13日(木)、B組:9月18日(木))しました。 4人一組でチームを組み、A組、B組とも10チームで競い合いました。競技は、材料選別(10分)、材料の調達(約20分)、そして単位作業(制限時間40分)の3つの分野で行いました。チームで一つの作品を作ったことから、お互いの技術や知識を高めあうことができ、とても有意義なコンテストとなりました。審査の結果、入賞チームは以下の通りでした。, 【A組】 優 勝:10班(柳田直輝・山田龍樹・山根有結・渡辺雅哉)準優勝:7班(田野井匠・鶴見裕恭・手塚太志・手塚結万)第3位:1班(阿久津悠太・飯田賢治・池田晴樹・岩本将輝)【B組】優 勝:5班(柴田睦生・清野遼・添田遊斗・髙橋直希)準優勝:10班(谷島健斗・谷田部空生・吉川和輝・吉澤良央)第3位:6班(田代椋一・戸叶一志・吉橋研斗・仲嶋承喜)      単位作業の様子(A組)  材料選別の様子(B組) 入賞チームの代表者(A組)入賞チームの代表者(B組), 8月4日(土)、「第18回 高校生ものづくりコンテスト電気工事部門栃木県大会」が本校の電気工事実習室を会場に開催されました。参加校8校、計15名が参加し、電気工事の施工技術を競い合いました。本校からは電気科3年 越谷拓海 君 、電気科2年 植木将太 君の2名が大会に参加しました。大会結果は、電気科3年 越谷拓海 君が準優勝となり、2年連続で関東大会に出場することが決まりました。これまで指導していただいた支援企業の㈱船見組 様に感謝申し上げます。, このブラウザは、JavaScript が無効になっています。JavaScriptを有効にして再度、お越しください。, 写真は3年生の授業の1つ、『課題研究』で過去の電子情報科の研究テーマ「小型オーディオアンプ開発」のものです。このオーディオアンプは、電子情報科の実習で学ぶオペアンプを利用して開発されました。授業の内容を活用して、ものづくりが出来るのが課題研究の醍醐味です。回路の設計や開発に、創造性を発揮して研究を行いました。今年の課題研究でも、皆さんの創造性を豊かに研究していきましょう。, 写真は3年生の授業の1つ『課題研究』で、過去の電気科の研究テーマ「圧電素子を用いた発電~無線を利用した施錠確認装置~」のものです。圧電素子の効率的な発電方法の研究や、無線を利用した施錠装置の開発が行われました。今年の課題研究の時間も、皆さんの創意工夫を発揮して素晴らしい研究の時間にしていきましょう。, 1月10日(金)、電子情報科3年生が、4月から約1年間にわたって取り組んできた課題研究の成果を報告する「課題研究発表会」を本校の大講義室で開催しました。テーマは、以下の6テーマです。いずれも電子情報科らしい研究内容であり、とても興味深いものでした。発表会には電子情報科2年生も参加し、先輩の発表を真剣な態度で聴きました。質疑も活発に行われ、とてもすばらしい発表会となりました。, 9月29日(土)に実施される3級情報配線施工技能検定試験(3級技能士)に向け、9月10日の放課後より、電子情報科2年生(情報ネットワークコース)の生徒を対象に、実技講習会を開始しました。今回の実技試験には、13名の生徒が臨みます。講師には、既に合格を果たしている3年生の先輩が務めてくれています。LANケーブルの製作をはじめ、光ファイバーのトレーへの収納技術などを習得し、全員の合格を目指します。, 電子情報科3年生では、「電子コース」と「情報ネットワークコース」に分かれて、以下のテーマの実習を行っています。レポートの提出は大変ですが、どの実習テーマについても意欲的に取り組んでいます。. © Dept. All Rights Reserved. 概要. 未来の人協働ロボット用軽量アクチュエータ研究に挑戦 (株)安川電機との共同研究講座です。電気電子・機械の2系にまたがったメカトロニクス研究室で、物質理工学院とも連携しています。 of Information and Communications Engineering, Tokyo Institute of Technology, センシングに基づく無線通信品質予測や機械学習処理する無線ネットワークなど、異分野融合による新たな技術領域の創造を目指し研究しています。, コンピュータシステムの改良(セキュリティ、電力効率、信頼性の向上など)を目的として、計算機アーキテクチャを中心にシステムソフトウェアからアプリケーションまで広く視野に入れた研究に取り組んでいます。, 科学技術創成研究院に2019年度から設置された「AIコンピューティング」研究ユニットで、深層ニューラルネットなどの新しい知能情報処理群を支える計算機アーキテクチャ・ハードウェアの研究を推進します。, これからの大規模AI・IoTシステム構築に不可欠なハードウェア・ソフトウェア設計自動化を統一的SW記述フレームワークで実現しています。, 人間とコンピュータ、現実と仮想、現在と過去。本来ならば共存しないはずのものを、人間を大幅に超える高速な視覚によってつなぎ、新しい実世界をデザインできる可能性にチャレンジします。, 私たち人間は、例えば何か物を見るとすぐにその質感を捉えることができます。このような脳の優れた視覚情報処理過程を明らかにするとともに、その特性に合致した視覚情報の処理技術や呈示技術の開発を目指します。, 会話も音楽もスポーツも、本人が自覚していない脳の情報処理が重要な役割を果たしています。そのような脳のメカニズムを、様々な研究手法を駆使して解明しています。, 音波や光を用いた計測技術に関する研究を行っており、特に、医療分野、ヘルスケア、農業分野への応用を目指しています。, 100Gb/sを超える高速ビットレートかつ高信頼の無線通信を実現するため、統計的信号処理を駆使した変復調技術及びネットワーク技術を研究。, バーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェース、ロボット学により、人と環境の新しいインタラクションを創造することで、人が楽しく活躍できる場を作ることをめざしています。, 人間と調和する機械を実現するために、感性情報と深く結びつく嗅覚のヒューマンインタフェースを嗅覚センサや嗅覚ディスプレイの開発を通じて実現します。, 学習やコミュニケーションにおける人の要因を明らかにし、効果的な支援システムの開発を目指します。, 社会や医療で実際に利用される様々なシステムを研究開発しています。我々の開発した技術は、個人番号カードに搭載されている公的個人認証サービスや医療分野で利用されているネットワークなどに生かされています。, 統計的手法や機械学習に基づいた新たな音声合成手法の開発を中心に、人間に優しい気の利いた音声言語インターフェイスの実現をめざしています。, 人は手足が自由に動かせるようになり、道具を使いはじめ、言葉を喋るようになる。このような人間の脳の機能を知り、コンピューターを使ってその機能を再現することを目標にしている。, ユークリッドの時代から現代まで信号処理・最適化・逆問題分野は、非自明な数理の大胆な応用によって発展してきました。本研究室は近未来のブレークスルーの主役となるべく普遍的価値の創造に大胆に挑戦しています。, 色を光のスペクトルや多原色として取り扱う新しいカラー画像システム、あたかも実物が目の前にあるかのように立体像を表示するホログラフィー技術、さらにカラー画像の医療応用を進める研究を行っています。, インターネットやNGNなどの電話網をはじめとする、未来高度情報社会の基盤となる情報通信ネットワークを対象として、将来を見据えたネットワーク制御技術を、理論と実装の両面から研究しています。, 自然界の信号はアナログです。このためアナログ回路は極めて重要です。我々はアナログ回路技術の開発により社会に貢献します。, 家電製品・自動車・携帯電話などの様々な組込みシステムの高効率・高信頼自動設計技術をハードウェア・ソフトウェアの両面から幅広く研究しています。, 人と機械のインタラクションを分かりやすく効率良く実現する方法を、科学、工学、心理学の学際的な立場から研究している。課題は、画像認識、触覚ディスプレイ、学習、自動運転、生産自動化、リモートセンシング等。, 視覚系を中心とした人間の知覚認知過程、特に空間認識のためのメカニズムの解明を目指している。, ことばを計算機で処理する技術「自然言語処理」に関する研究を行っています。特にテキストの意味理解、意見感情分析、ソーシャルメディア解析などを中心に、機械学習を積極的に利用して研究を進めています。, 用途に応じて構成を変えることができる柔軟(ソフト)なハードウェアである再構成可能(リコンフィギャラブル)LSIを使って次世代のコンピュータを実現するための研究を行っています。, ネット社会をより快適にするために、暗号方式、メッセージや通信相手の認証、プライバシーを守りつつ有用な情報を計算する秘密計算などの暗号技術を、どう組み合わせれば安全性が保てるのか、理論的に解明します。, 情報理論は情報通信システムを数学を用いて表しその究極の性能を解明します。我々は、データ圧縮・乱数生成・誤り訂正・情報セキュリティ・ネットワークなど情報理論で扱われる様々な問題に数学を道具として取り組んでいます。, 興味のある研究キーワードにチェックを入れて、関連する研究室を絞り込むことができます。, フリーワード検索を使用した後に研究キーワードから絞り込みを行うと、フリーワード検索の結果は一度リセットされますのでご注意ください。.

ソードアートオンライン 24巻 ネタバレ, ポスター ベクター フリー, ビデオカメラ 歴史 記録媒体, プロポーズ サプライズ 失敗, 英単語 リスト Csv, 単語帳 テンプレート 無料 Pdf, プロスピ ターニングポイント 参加料, ワンピース ネタバレ 979 画バレ, ポールスター2 和訳 Lesson4, Mac 階層表示 コマンド, 中学 英語授業 組み立て, 東京駅 駐 車場 提携, Canon Mp630 パソコンから印刷, Excel 円グラフ 二重, Office365 保存先 ローカル, 大分 誕生日 ディナー, 第五人格 部屋 調べる, 国立科学博物館 ミイラ 画像, ギルティギア メイ 立ち回り, アプリ ダウンロード待機中 Android, エアマックス95 黒 コーデ, 味仙 藤が丘 喫煙, 高円寺 事故 今日, 中学受験 理科 問題集 難関, スピッツ ベスト 収録曲, 病気 お守り あげる, ハロウィン お菓子 熊本, イラレ ペンツール 表示されない, きゅうり 切り口 茶色, ファントミラージュ 歌 カモンカモン, ワード 行間 おかしい, 50代 春 ファッション メンズ, インターナショナルスクール 小学校 編入, ローリンガール 歌詞 英語,