内容としては、女に姿を変えた大蛇の依頼で、俵藤太が大百足 [55]を退治し、佐波来湯の北隣りに新たに沸き出た泉(藤太湯)で、洗い清め癒したという話である[56][57]。, 秀郷の子孫は中央である京都には進出しなかった結果、関東中央部を支配する武家諸氏の祖となった。, また京都でも武門の名家として重んじられた結果、子孫は以下のような広範囲に分布した。, 伝・藤原秀郷所用、十六間四方白星兜鉢(平安時代末期、重要文化財、鵜森神社所蔵)[59], 祖父以来三代にわたって下野国に住み、平安京への出仕経験も無いため六位官人に留まっていた秀郷が越階して一気に四位に昇ったことは、後世の武士にとって謀叛・反乱鎮圧に対する最大の評価・褒賞の事例とみなされるようになり、後世に至るまで武家の先例となった, 「三上山を七巻き半と聞けばすごいが、実は八巻き(鉢巻)にちょっと足りない」という洒落がある。これは, 『氏郷記』(江戸初期? 平安時代の貴族って優雅に思えませんか? 和歌を歌い、蹴鞠で遊び、豪奢の限りをつくしているような。 しかし、これは平安貴族の綺麗な一面でしかありません。 彼らも私たちと同じ人間であり、そこには綺麗なだけでは済まされない現実生活があったのです。 Follow @Nihonshi_Yururi !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? この時代、文学を含めた芸術や政治の中心は京都であった。平安時代の中期には国風文化が 国として世界最古の歴史を持つ、日本。 その長い歴史の中で、様々な文学作品が生まれてきました。 そこで今回は、日本を代表する主な古典文学作品を一覧でご紹介したいと思います。 日本史の勉強ついで(継続のため)に記事を書き始めました。日本史に関して全くの初学者ですので、間違い・おかしい点がございましたら、コメント欄にコメントいただけるとありがたいです。. 平安時代、藤原氏による摂関政治(前期)を年表を使って説明します。得意の外戚関係を使い、他氏排斥でライバルを消して、政権を維持し続けるお話。, 前回まで藤原氏によるバリバリ「摂関政治」でしたが、またまた天皇主導の政治「親政」に戻ります。, 891年、藤原基経が亡くなると、宇多天皇は基経の長男「藤原時平(ふじわらのときひら)」と、学者「菅原道真(すがわらのみちざね)」を抜擢。, 藤原一族との関係が薄かったこともあり、宇多天皇は摂政・関白を置かずに親政(しんせい)を開始。藤原北家と関わりの無い人物も重用していきます。, 遣唐大使、菅原道真による建議「請令諸公卿議定遣唐使進止状」によって、遣唐使が停止(廃止)されました。, 「唐の内乱による衰え」「渡航費用」「遣唐使の危険性」などから総合的に判断しての停止。, というより、道真自身が危険な渡航をしたくなかったのかもしれません。上手いこと日本に残った道真でしたが、まさかあんなことになろうとは・・。, 醍醐天皇時代の治世を「延喜の治(えんぎのち)」と呼び、後の「天暦の治」と合わせて「延喜・天暦の治(えんぎ・てんりゃくのち)」と呼びます。, 醍醐天皇は摂関を置かず、天皇自らが主導する「親政(しんせい)」へ。ここまで藤原氏による摂関政治が続いていましたが、一度途切れます。三代格式の一つ「延喜格式(えんぎきゃくしき)」もこの時代。, 祖父である光孝天皇が、宇多天皇を含む皇子皇女らを臣籍降下(皇族が姓を与えられて臣下の籍に降りること)させたため、醍醐天皇は臣籍身分として生まれた唯一の天皇とのこと(wiki調べ)。, 最近話題の「女系天皇」で、皇籍を離脱した旧皇族を復活させるという話がありますが、宇多天皇や醍醐天皇の例を挙げる人もいるのだとか。, 右大臣まで上りつめた菅原道真でしたが、901年、左大臣の藤原時平により大宰府へと左遷。「昌泰の変(しょうたいのへん)」です。, 道真が、自身の娘を宇多上皇の皇子(真寂法親王)の妃としたことで、「あいつら、次の天皇狙ってんじゃねえの?」と警戒され、左遷されたとのこと。, 「宇多上皇」vs.「醍醐天皇&藤原時平」の構図が出来上がっていたとか(wiki調べ)。, 「延喜の荘園整理令(えんぎのしょうえんせいりれい)」を出し、違法な荘園の整理・停止を命じるも、逆に各地では、荘園の公認を認める動きが活発化。, 醍醐天皇の命で、万葉集に収められなかった歌を中心に「古今和歌集(こきんわかしゅう)」が編纂されました。「完成は912年」という説もあるようです。, 「三善清行(みよしのきよゆき)」によって、「意見封事十二箇条(いけんじゅうにかじょう)」が提出されました。, 戸籍の偽造や浮浪・逃亡者の増加、有力貴族や寺社の所有する荘園問題などで、902年に班田収受がストップ。, 日本と仲の良かった「渤海(ぼっかい)」が、半農半牧の民族「契丹(きったん)」の侵略により滅亡。, 朱雀天皇が8歳で即位。彼の叔父で、時平の弟「藤原忠平(ふじわらのただひら)」が摂関を務め、一時的に摂関政治が復活します。, この頃、内裏の清涼殿に落雷した「清涼殿落雷事件(せいりょうでんらくらいじけん)」をはじめ、天災が相次ぎます。, 大宰府に左遷された菅原道真の怨霊のせいだと考えられ、やがて道真は天神様として、北野天満宮に祀られることに。, 「朱雀天皇(すざくてんのう)」(在位930-946年)は、醍醐天皇の第十一皇子。母は基経の娘「藤原穏子」(ふじわらのおんし)。, 清涼殿落雷事件がきっかけで体調を崩した醍醐天皇が、崩御。代わって、朱雀天皇が8歳で即位。, 朝鮮半島を統一していた新羅で王位継承争いが起き、国が分裂(後三国時代)。新しく「高麗(こうらい)」が半島を治めることに。, 「承平・天慶の乱(じょうへい・てんぎょうのらん)」は、同時期に起きた「平将門の乱(たいらのまさかどのらん)」と「藤原純友の乱(ふじわらのすみとものらん)」の総称。承平・天慶の元号からそう呼ばれています。, 村上天皇時代の治世を「天暦の治(てんりゃくのち)」と呼びます。前の「延喜の治」と合わせて「延喜・天暦の治(えんぎ・てんりゃくのち)」。, 「村上天皇(むらかみてんのう)」(在位:946-967年)は、醍醐天皇の第十四皇子、朱雀天皇の弟。, はじめこそ藤原忠平が関白を務めていましたが、彼が亡くなると摂関は置かず、親政を復活させます。でも実のところ、いろいろと周りに口出しされ、親政とは名ばかりだったそう。, 「乾元大宝(けんげんたいほう)」は、和同開珎からはじまった、最後の本朝十二銭(皇朝十二銭)です。, 和同開珎 708年(和銅元年)万年通宝(萬年通寳) 760年(天平宝字4年)神功開宝(神功開寳) 765年(天平神護元年)隆平永宝(隆平永寳) 796年(延暦15年)富寿神宝(富壽神寳) 818年(弘仁9年)承和昌宝(承和昌寳) 835年(承和2年)長年大宝(長年大寳) 848年(嘉祥元年)饒益神宝(饒益神寳) 859年(貞観元年)貞観永宝(貞観永寳) 870年(貞観12年)寛平大宝(寛平大寳) 890年(寛平2年)延喜通宝(延喜通寳) 907年(延喜7年)乾元大宝(乹元大寳) 958年(天徳2年), 鎌倉時代の文化について説明します。平安時代までの朝廷・貴族文化に、武士や農民の価値観が加えられ、庶民にも開かれていった文化。宋・元など大陸の要素を取り入れた文化。, 鎌倉時代1224~1333年あたりのできごとを、年表を使って説明します。歴代将軍、執権、天皇の入れ替わりと、北条氏にとって最後の邪魔者・三浦氏と戦った宝治合戦についても触れました。, 鎌倉時代の終わりについて説明します。持明院統と大覚寺統の両統が、交互に天皇を即位させた両統迭立。後醍醐天皇による複数回の討幕チャレンジは、悪党も味方に付け、鎌倉幕府滅亡。, 鎌倉時代の得宗専制政治について説明します。北条氏本家の「得宗」と得宗家に仕える「御内人」により、鎌倉時代後期の政治が行われました。権力を独占する得宗と、衰退していく御家人の関係は悪化の一途。, 鎌倉時代の武士と農民の生活、農業技術の発達で生まれたゆとりと、それに伴う手工業の発展について説明します。貨幣経済の浸透による暮らしの変化と、為替制度にもふれました。, 北条氏の政治について説明します。日本初の武家法で、武士にもわかるよう平易な文章で書かれた「御成敗式目」。執権と並んで署名した「連署」、鎌倉幕府の意思決定機関「評定衆」、御家人の裁判を扱う「引付衆」についても説明します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ゆるり 絵巻物(えまきもの)は、日本の絵画形式の1つで、紙もしくは絹・麻を水平方向につないで、長大な画面を作り、情景や物語などを連続して表現したもの。「絵巻」とも言う。絵画とそれを説明する詞書が交互に現われるものが多いが、絵画のみのものもある。 藤原秀郷は近代に正二位を追贈された。, 藤原北家魚名流が通説とされる。太田亮などによる下野国史生郷の土豪・鳥取氏いう説もあり[6]、古代から在庁官人を務めた秀郷の母方の姓を名乗ったとする説もあるが定かではない。また秀郷の祖父藤原豊沢と藤原魚名の孫藤原藤成とが親子として繋がらないとし、居住地、祭祀の傾向からも実際には毛野末流と見る説もある[7]。, 俵藤太(田原藤太、読みは「たわらのとうだ」、「たわらのとうた」、藤太は藤原氏(藤原一族)の当主(長者)、太郎」の意味)という名乗りの初出は『今昔物語集』巻25「平維茂 藤原諸任を罰つ語 第五」であり、秀郷の同時代史料に田原藤太の名乗りは見つかっていない。由来には、相模国淘綾郡田原荘(秦野市)を名字の地としていたことによるとする説、幼時に山城国近郊の田原に住んでいた伝説に求める説、近江国栗太郡田原郷に出自した伝説に求める説など複数ある。, 生年は不詳[2]とされるが、「田原族譜」によると寛平3年(891年)[1]とされる。いずれにせよ、将門討伐のときにはかなりの高齢だったといわれている。, 秀郷は下野国の在庁官人として勢力を保持していたが、延喜16年(916年)隣国上野国衙への反対闘争に加担連座し、一族17(もしくは18)名とともに流罪とされた。しかし王臣子孫であり、かつ秀郷の武勇が流罪の執行を不可能としたためか服命した様子は見受けられない[注 1]。さらにその2年後の延長7年(929年)には、乱行の廉で下野国衙より追討官符を出されている。唐沢山(現在の佐野市)に城を築いた。, 天慶2年(939年)、平将門が兵を挙げて関東8か国を征圧する(天慶の乱)と、甥(姉妹の子)[4]である平貞盛・藤原為憲と連合し、翌天慶3年(940年)2月、将門の本拠地である下総国猿島郡を襲い乱を平定。この時、秀郷は宇都宮大明神(現・宇都宮二荒山神社)で授かった霊剣をもって将門を討ったと言われている。また、この時に秀郷が着用したとの伝承がある兜「三十八間星兜」(国の重要美術品に認定)が現在宇都宮二荒山神社に伝わっている[10][注 2]。, 複数の歴史学者は、平定直前に下野掾兼押領使に任ぜられたと推察している[注 3]。 この功により同年3月、従四位下に叙され、11月に下野守に任じられた。さらに武蔵守、鎮守府将軍も兼任するようになった[注 4]。, 将門を討つという大功を挙げながらも、それ以降は史料にほとんど名前が見られなくなる。没年は「田原族譜」によると正暦2年9月25日(991年11月4日)に101歳[1]で亡くなったとされるが、「系図纂要」によると天徳2年2月17日(958年3月10日)[3]に亡くなったとされる。, 琵琶湖のそばの近江国瀬田の唐橋に大蛇が横たわり、人々は怖れて橋を渡れなくなったが、そこを通りかかった俵藤太は臆することなく大蛇を踏みつけて渡ってしまった。大蛇は人に姿を変え、一族が三上山の百足に苦しめられていると訴え、藤太を見込んで百足退治を懇願した。藤太は強弓をつがえて射掛けたが、一の矢、二の矢は跳ね返されて通用せず、三本目の矢に唾をつけて射ると効を奏し、百足を倒した。礼として、米の尽きることのない俵や使っても尽きることのない巻絹などの宝物を贈られた。竜宮にも招かれ、赤銅の釣鐘も追贈され、これを三井寺(園城寺)に奉納した[16][17]。, 俵藤太の百足退治の説話の初出は『太平記』十五巻といわれる[18][19]。しかし『俵藤太物語』の古絵巻のほうが早期に成立した可能性もあるという意見もある[20]。御伽草子系の絵巻や版本所収の「俵藤太物語」に伝わり、説話はさらに広まった[16]。, 御伽草子では、助けをもとめた大蛇は、琵琶湖に通じる竜宮に棲む者で、女性の姿に化身して藤太の前に現れる。そして百足退治が成就したのちに藤太を竜宮に招待する[21][22]。ところが太平記では、大蛇は小男の姿でまみえて早々に藤太を竜宮に連れていき、そこで百足が出現すると藤太が退治するという展開になっている[23]。, 百足は太平記では三上山でなく比良山を棲み処とする[24]。百足が襲ってきたとき、それは松明が二、三千本も連なって動いているかのようだと形容されているが[25]、三上山を七巻半する長さだったという記述が、『近江輿地志略』(1723年)にみえる[26][注 5]。, 唾をつけた矢を放つとき、御伽草子では、八幡神に祈念しており、射止めた後も百足を「ずたずたに切り捨て」た、とある[27][注 6]。, 俵藤太物語では竜女から無尽の絹・俵・鍋を賜ったのち、竜宮に連れていかれ、そこでさらに金札(こがねざね)[注 7]の鎧や太刀を授かる[30][23]。, 時代が下ると、褒美の品目も十種に増える。そして太刀にも「遅来矢(ちくし)」という号し、赤堀家重代の宝刀となったという記述が『和漢三才図会』(1712年)や『東海道名所図会』(1797年)にみえる[24][31][32]。, 鎧が「避来矢(ひらいし)」号し、下野国の佐野家に伝わったという異文が『氏郷記』(1713年以前[33])にみつかり[28][34]、異綴りだが「平石(ひらいし)」と「室丸(むろまる)」の2領が竜宮の贈物だったという、新井白石『本朝軍器考』(1709年)の記述となかば合致する[35][36]。, 鍋には「小早鍋」、俵には「首結俵」という呼称があった(『氏郷記』)とする記載もみえる[28][37]。, 伊勢神宮には、秀郷が所有したと伝わる刀剣が二振り奉納されている。ひとつは百足退治に際して龍神から送られたという伝来のある毛抜形太刀 (伊勢)で、赤堀家重代の宝刀だったものが複数の手を渡り伊勢に所蔵されることになったと説明される[38]。もうひとつは「蜈蚣切」(蜈蚣切丸、とも)の名で、8世紀の刀工、神息の作と伝わるが、14世紀頃の刀剣と鑑定されている[39][40]。このほか滋賀県竹生島にも秀郷奉納と伝わる毛抜形太刀 (宝厳寺)が存在する[41][42]。, 御伽草子「俵藤太物語」の下巻では、平将門討伐が描かれる[21]。また、龍神の助けで平将門の弱点を見破り、討ち取ることができたという。, 鎌倉初期(1200年頃)成立の『古事談』に俵藤太の百足退治と類似した粟津冠者(あわづかんじゃ)の説話があり、これが原話でないかと考えられている[注 8][44]。粟津冠者という剛の者が、鐘を鋳る鉄を求めて出雲に向かうと暴風に見舞われ、漕ぎつけた謎の小童に拾われ海底の龍宮に連れていかれる、そして宿敵を射殺してくれと嘆願され、敵の大蛇が眷属をひきつれてやってきたところを仕留め、褒美に得た鐘はめぐりめぐって三井寺に収められた、というあらすじである[45]。, また、百足は鉄の鉱脈を表わし、「射る」ことは「鋳る」ことに通じるという若尾五雄の考察もある[46][47]。, 秀郷の本拠地である下野国には、日光山と赤城山の神戦の中で大百足に姿を変えた赤城山の神を猿丸大夫(または猟師の磐次・磐三郎)が討つという話があり(この折の戦場から「日光戦場ヶ原」の名が残るという伝説)、これが秀郷に結びつけられたものと考えられる[48]。また、類似した説話が下野国宇都宮にもあり、俵藤太が悪鬼・百目鬼を討ったとされる[注 9][49]:25-31[50]:68-69 [51]:307-309[52]:47[53]:1228-1229。, 福島市の飯坂温泉にも俵藤太の伝承がある[54]。福島市飯坂町は信夫佐藤氏の本拠地であり、藤原秀郷の子千常を始祖とすると言われる。奥州藤原氏の一族であり、吾妻鏡では、藤原秀衡が勇敢な武将として、近親者である佐藤継信・忠信を、義経を守らせるため、付き従わせている。 【時代区分の根拠】考古学 【年代】~紀元前16000年頃 【概要】 この時代には、日本列島は大陸と地続きであったとかんがえられています。 ナイフ型石器、細石器(さいせっき=打製石器)、磨製石器が使用されていました。 また、この時代のものとみられる岩偶(がんぐう=岩、石でつくられた人形)が発見されていることから、この時代には既に信仰があったと推測されます。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'). 時代: 平安時代中期: 生誕: 寛平3年(891年) または不詳: 死没: 天徳2年2月17日(958年 3月10日) または 正暦2年9月25日(991年 11月4日): 別名: 俵藤太、田原藤太(通称) 神号: 田原八幡宮: 戒名: 東明寺殿野州大守東秀関郷大居士: 墓所 日本の中古文学史(にほんのちゅうこぶんがくし)は、中古(およそ平安時代)の日本文学の歴史である。, 漢詩・漢文が上代に引き続き栄え、特に『和漢朗詠集』でも多く採り上げられた白居易(白楽天)の影響は大きかった。『源氏物語』などの仮名の物語文学においても、「桐壺巻」などで白楽天の『長恨歌』との関係が強く認められる。また、政府の教育機関であった大学寮においても漢詩・漢文・歴史を教授した紀伝道の地位が上昇し、紀伝道の教授である文章博士から右大臣となった菅原道真は、政治家としてのみならず、優れた文学者としても知られている。, 905年には初の勅撰和歌集である『古今和歌集』が編纂され、和歌が漢詩と対等の位置を占めるようになった。歌合せなどの公的な場での和歌が多く認められるようになる他、屏風歌なども多く詠まれた。それに伴い、著名な歌人の歌を集めた私家集の存在が認められるようになる。成立時期や編者などは各家集ごとに状況が異なるため未詳であるが、紀貫之の歌を集めた『貫之集』、伊勢の『伊勢集』など後世の歌人・作品に影響を与えたと思われる作品も多い。, 平安時代を通し、男性貴族が政治で使う文字は漢字であり、文章は漢文であり続けた。しかしその一方で「かな」による表現が盛んに始まった。後宮の女房など女性たちが「かな」を使用したため、その女性たちと交流を持った男性官人も「かな」を使うようになった。前述の和歌の隆盛も、「かな」の流行とは無縁ではなく、多くの女流歌人を生み出している。紀貫之が女性の立場から仮名で書いた『土佐日記』をはじめとして、仮名文の日記風の作品が認められるようになる。清少納言による随想的章段を含む『枕草子』などが著され、随筆的文学が栄えていくことにも繋がった。, 現存しない散逸物語も含め、多くの物語作品が作られたのもこの時期の特徴である。『源氏物語』で「物語の出で来はじめの祖なる竹取の翁」と表現される『竹取物語』に始まり、『伊勢物語』・『うつほ物語』・『落窪物語』など現存する物語が多く書かれている。これらは平安初期においては男性の手によると思われるものも多いが、仮名による女性の作品が増えていくのも特徴である。先行する数多の漢文学、仮名文学双方を踏まえた紫式部の『源氏物語』は、中古の文学の代表作とも言うべき長大な作品で、以降の日本の文学史全体に強い影響を与えている。, また様々な説話集も編まれ、集大成とも言ってよい『今昔物語集』などの説話集の存在も、この時代の文化や文学の様子をよく現している。, この時代、文学を含めた芸術や政治の中心は京都であった。平安時代の中期には国風文化が栄えた。歴史書としては『大鏡』が書かれた。また、猿楽が盛んになり、これは後に能楽としての完成に繋がった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本の中古文学史&oldid=75997081. 同じく、藤原秀郷の子孫である藤原氏には福島県を本拠地とする公卿の藤原公清(佐藤公清)がいて、藤原公清を発祥とする佐藤氏からも優れた子孫が多数誕生した。奥州藤原氏第3代当主・藤原秀衡(陸奥守・鎮守府将軍)が自らの側近を源義経の源平合戦に付けた佐藤継信・佐藤忠信の“佐藤兄弟”、藤原秀衡の親戚として東北地方を周遊した俳人・佐藤義清こと西行法師(江戸時代の松尾芭蕉のお手本)、元首相の佐藤栄作(兄は元首相・岸信介、岸元首相の孫は元首相・安倍晋三)らが佐藤氏である。 )では"太刀を抜[き]寸々に切捨たり"と太刀を使用したことが明記されている, 『日本伝説大系 第4巻 北関東〔茨城・栃木・群馬〕』(渡辺昭五/編,井田安雄/〔ほか〕著 みずうみ書房 1986)「藤原秀郷鬼退治」, 『宇都宮の民話』(宇都宮市教育委員会事務局社会教育課/編 宇都宮市教育委員会 1983)「百目鬼」, 『宇都宮市六十周年誌』(宇都宮市役所総務部庶務課/編 宇都宮市役所 1960)「百目鬼の話」, http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000113752, https://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011419, https://books.google.com/books?id=4YM6AAAAIAAJ, https://books.google.com/books?id=RcEqAQAAIAAJ, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950934/284, https://books.google.com/books?id=Qdw954AcENMC&pg=PP630, https://books.google.com/books?id=6e4qAQAAIAAJ, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/898174/8, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765194/73, https://books.google.com/books?id=fwl2BgAAQBAJ&pg=PT12, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563711/9, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1140524/100, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849536/5, “秀郷に焦点、武士のルーツ知って 栃木県立博物館で企画展 伝説の宝刀「蜈蚣切」も”, https://www.sankei.com/region/news/181119/rgn1811190038-n1.html, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849536/27, https://books.google.com/books?id=eXESAQAAMAAJ, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1018100/96, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453466/9, https://books.google.com/books?hl=ja&id=0yk6AAAAIAAJ, https://books.google.com/books?id=ZrlMAQAAIAAJ, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780477, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/763936, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=藤原秀郷&oldid=80406787, 栃木県立博物館友の会編『平成三十年度企画展 藤原秀郷 -源平と並ぶ名門武士団の成立-』(. また様々な説話集も編まれ、集大成とも言ってよい『今昔物語集』などの説話集の存在も、この時代の文化や文学の様子をよく現している。 文学の周辺. なお、安倍晋三の先祖は陸奥国の旧仙台藩領域である岩手県南部の大豪族・安倍頼良(安倍頼時)で、安倍頼良の長女は藤原経清の妻であり、藤原経清夫婦の一人息子は藤原清衡である。藤原清衡は北日本を支配すると世界遺産・中尊寺金色堂等を造り、当時中国の南宋帝国と独自貿易をしていた奥州(東北地方)の藤原氏の黄金を中心とする財力が中国に伝わって、それが南宋を征服した元帝国(モンゴル帝国)の長期滞在者マルコ・ポーロの著書『東方見聞録』により西ヨーロッパに伝えられ、日本は「黄金の国・ジパング」として“ヨーロッパ人の憧れの国”となった。 それら藤原秀郷の子孫である藤原氏の中には、“首都平安京に次ぐ人口の”平泉を本拠地とて東北地方全域を自治支配した藤原氏、いわゆる奥州藤原氏が存在する(奥州藤原氏の先祖は藤原秀郷の子孫である藤原経清、初代当主は藤原経清の子・藤原清衡)。なお、「奥州」は源頼朝(鎌倉幕府)の東北地方の長官である奥州総奉行や「奥州王」と呼ばれた伊達政宗(豊臣秀吉の遺言を無視してお互いの子供同士を結婚させた徳川家康の最大の同盟相手)のように、「東北地方」を意味する言葉でもある。 平安時代の年表⑤摂関政治の復活(一時) 朱雀天皇 が8歳で即位。 彼の叔父で、時平の弟「 藤原忠平 (ふじわらのただひら)」が摂関を務め、一時的に 摂関政治が復活 します。 もともと下野国(栃木県)の“ナンバースリー”である下野掾(じょう)の官職に就いていた貴族だったが、関東地方を征服して“新皇(しんのう)”を称した平将門を追討した功により、貴族としての身分が従四位に昇進した。このとき官職が下野国と武蔵国(東京都・埼玉県・神奈川県)の”ナンバーワン“である国司に昇進すると共に、“日本でただ一人”の鎮守府将軍にも任命された。以後“日本一の武門の棟梁”として君臨し、“武士の先祖”となった。, 藤原秀郷の先祖である首都京都(平安京)の藤原氏は、橘氏、”天皇である兄3人が藤原氏の子孫”である平氏、および”天皇と藤原氏の子孫”である源氏と共に“人臣最高峰”の”源平藤橘”の四姓であり、藤原秀郷を先祖とする藤原氏(秀郷流の藤原氏)から多くの有力な子孫が誕生した。 藤原 秀郷(ふじわら の ひでさと)は、平安時代中期の公卿、貴族、武門の棟梁、武将、下野大掾(ナンバースリー)、豪族、藤原村雄の子。, 室町時代に“神がかりな伝説上の人物”として『俵藤太絵巻』が完成し、近江三上山の百足退治の伝説でも有名である。

ストルバイト 療法食 いつまで 6, 覆面パトカー ナンバー リスト 宮城 24, Webpacker Manifest Missingentryerror Images 28, F1 無線 効果音 17, Ff14 利用権 コンビニ 4, Zoom 共同ホスト 代替ホスト 10, Gta5 マップ 開き方 17, し し 座 A型 占い 7, Web 解像度 72 4, ゴルフ7 デイライト コーディング 4, デリカ D5 弄り 15, Shima 美容室 社長 15, あつ森 温泉 入れない 4, ドラエグ 神殿 どこ 4, 捻挫 湿布 市販 5, プライド 歌詞 キングダム 7, Sard Underground Mp3 12, Uka ヘアサロン 口コミ 5, Hf ヘンテナ 自作 5, Pubgモバイル 名前 特殊文字 4, 年末調整 住所 同上 5, ベビーカー レインカバー たたみ方 4, あつ森 通信エラー インターネット通信 5, Hl 5450dn にじむ 14, コップ ひび割れ 補修 5, Ecad シンボル ダウンロード 7, クッキーアン イラスト 書き方 5, Snail Svn Diff 19, Mhw 重ね着 Mod 11,