いい弾け具合!でもね・・・火が強すぎると中があったまる前に皮がはじけることも。 オートキャンプから、カヤックキャンプまで遊べる限り遊んでいます。 data-ad-slot="2895302408" (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 旅行が好きなアウトドアライターです! 焚き火で使えるコンパクトな五徳を自作する方法を紹介したいと思います。キャンプで一番の楽しみといえば、焚火と答える人が多いと思います。 焚火の揺らめく炎を、ぼんやりと眺めているだけでも、こころが安らぐものです。, さて、そんな焚火でお湯を沸かしたり、調理をしようとすると、鍋やケトルを安定させるためにゴトクがあると便利です。もちろん、ゴトクなどを使わずにダイレクトに焚火に突っ込んでもOKなんですが、一人で使うような小さなケトルや、カップなんかですと、やはりゴトクがあった方が便利に使えますよ。, 【広告】
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
, 自分の使い方にぴったりなアイテムをネットで見つけましたが、こちらのパッカーズグリルは、在庫が少なく、また、値段も良いので、私には手が出ませんでした。しかし、上下で幅が違ったり、中空構造であるなど、ものすごく趣向を凝らしているものですから、手にした方はきっと大満足の逸品に間違い無いでしょう。私もいつかは自分で購入したいと思っています。, さて、憧れのパッカーズグリルに近いものを自作できないかと少ない知恵を絞ります。 基本的に、難易度の高い加工はできない。高価な工具を買う予算もない。という無い無い尽くしの私ですから、簡単に作れなければなりません。, (1)コの字ボルト(6ミリ) 50円×4個(2)ステンパイプ(7ミリ) 448円×2本(3)S字フック       220円, まずはステンレスパイプを切断して4本にします。ステンパイプをのこぎりでギコギコ切っていたけれども、全然らちがあかないので、近所のホムセンでパイプカッターを追加購入。本体の材料代より高くついてしまいました。けれども、その後は出番の多い工具になりましたので、買って良かったです。, 次に、パイプを2本一組として、両端にコの字型のボルトをパイプに差し込んで、パイプの外側からマイナスドライバーを金槌で叩いてカシメます。(ペンチの刃の部分で潰したほうが綺麗にできます。)2セット作ったら、あとはS字金具で繋ぐだけです。, これは、意外と丈夫で使えました。重ための鍋を載せても大丈夫でした。熱にも強いようで、なおかつ、パイプなので重量もそれほど重くなくて、二つ折りにできるので嵩張らず、トレッキングの時なんかもバックパックに入れていけます。, 2号機の作成は、1号機よりももっと簡単です。そして、頑丈&安定です。ただし、重さとコンパクトさが犠牲になっています。こちらは、キャプテンスタッグのダッチオーブンスタンドを切っただけです。100均の金鋸ではちょっと切るのは辛いので、それなりの数百円の金鋸をホムセンで買ってきて切断します。切断面は鋭くなっていて危険なので、ヤスリで削って整えます。この方法だと、2つのグリルが出来上がりますので、一つ更に短く切断したものを作っても良いかも知れません。, こちらのグリルは、安定性もバッチリでしっかりと使う事ができます。ただし、重さは一つで500グラムありますから、バックパックに入れて運ぶには、ちょっと重たいですね。, 設営と片付が超簡単!スノーピーク の 焚火台 S で、休日にプチ焚火を楽しんでみた。, 頑丈なので、下の写真のように4人分の鍋を作ってもビクともしませんでした。そして、スノーピークの焚火台Sに、薪がものすごい状態です。笑えますが、これで十分に使う事ができました。, いかがでしたでしょうか。キャンプの楽しみは、現地だけでなくて、自宅で自作している時間もキャンプの一部として考えると、ますます楽しみが広がりますね。, パッカーズグリルっていうんだね。焚火台を調理火器として使うのに便利だねぇ。スノピの焚火台はコーナーにヤカンをそっと置いて湯を沸かすくらいしか使ってなかったので参考になります。今度1号の方を真似て作ろうかなと思っています。やっぱ軽い方がいいかな。, 1号機で質問です。材料を近くのホームセンターに見に行ってみましたが、意外とないですね。ステンレスパイプとこの字ボルトはどこで買いましたか?(ホームセンターの名前)ステンレスパイプのメーカー、仕様を教えてください。この字ボルトは鉄のメッキではありませんか?, これ、2個作っていますが、1個だとどうなりますか?狭くてぐらぐらしておちてしまいますか?載せるものが15cmスキレット、パーソナルクッカー程度です。, 材料はまったく同じものでは無くても作れると思いますよ。ステンレスパイプの穴にハマるものであれば、コの字ボルトではなく、U字ボルトにしてみたりしても良いでしょう。ご自身で使うシーンを考えて、工夫してみてください。, シーカヤック・キャンプ・トレッキングなどのアクティビティを楽しみながら、色々な情報発信をしています。皆さまのアウトドアライフを楽しく過ごすための参考にしていただければ嬉しいです。, キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ バーベキュー BBQ コンロ用ダッチオーブンスタンドM-6506. ユニ鉄を乗せても安定している!案外丈夫です。 } var adsenseCode = (function () {/* 今回は500円で買った鉄筋(丸棒)を使って先祖代々使える(笑)ゴトクを制作してみました。やはりアウトドアをする上で欠かせないのが、上文にも書いてある五徳(ゴトク)ですよね♪, 焚き火台やバーベキューグリルに五徳を (ロストルとも言う)セットすれば、ダッチオーブンやスキレットなどの重量が重い鉄製の調理器具でもバランスを崩さずに安定して調理が可能なのだ✨, 因みに私の場合は家でも頻繁に焚き火を囲むので、キャンプと併用しても壊れにくい五徳を作りたいと思います。, 今回は適度な強度をもたせつつ長持ちする五徳を制作したいので、丸形鉄筋13㎜を選びました。, 今回は五徳を2つ作るので鉄筋180㎝を2本用意しました、下にある写真のゴトクは各1個につき鉄筋(180㎝)を1本使います。, サイズはキャンプでも使いたいので愛用のユニフレーム焚き火に丁度良く収まるサイズに設定しました。まあ一般的なファミリーキャンプでよく使うサイズ感だと思います。, 細長いゴトクが約12✕50㎝・四角いゴトクが約20✕35㎝手作業なので、若干誤差がありますが、大体このくらいのサイズに仕上がります。, ゴトクのサイズは各々焚き火台やバーベキューで使いたいサイズで制作していただければOKです♪, 鉄筋を曲げたり切ったりする事ができるので、ワンランク上のDIYを目指すなら是非とも持っておきたい道具です。, カットベンダーがあれば焚き火ハンガーやトライポッドなど様々なキャンプギアが簡単に作れるので、キャンプギアDIY好きな方はすぐに元は取れます。, では!ここから五徳の制作に移りたいと思います♪まず最初はクネクネ(S字カーブ)って曲がっている五徳の作成!真ん中の部分にでかいダッチオーブンをドカンと置けます♪, まずは鉄筋の端から35㎝の部分にチョークで線を引きます。この35㎝が五徳の幅になります♪, 一番右の丸い(矢印)部分わかるでしょうか?ここの端にチョークで書いた線を合わせます。, 後は取っ手を下にギューと下げれば鉄筋を曲げられます♪あまり強く曲げすぎない様に気をつけましょう。, 先程同様35㎝の場所にチョークで印をつけて、写真のように鉄筋をベンダーにはめましょう。, いい感じに仕上がりました♪これはかなり頑丈ですよ~なんていたって13㎜ですからね!!熱が普通の五徳よりは逃げにくいんじゃないかな??, コチラは幅を狭くして長さを出した五徳!!幅を取らないので焚き火を楽しみながら、スキレットやクッカーで料理することが可能です♪, コチラもなんと!500円の鉄筋1本で制作できるので、ぜひ!!つくってみてください。, まずは鉄筋端から5~6㎝ぐらいの場所にチョークで線を引いて、先程の鉄筋さぎょう同様にベンダーで曲げます。鉄筋は90度に曲げましょう。。, ⚠最初の鉄筋曲げ幅が短いので、鉄筋がずれて弾けたりする可能性もあります!!注意して作業してください!!, はい!!曲がりましたね♪次は写真のように端から50㎝にチョークで目印を付けて90度に曲げましょう。, 今曲げた鉄筋の内端から10~11㎝あたりでチョークで線を引きます。再度鉄筋を90度にギューッと曲げます。, ここまでくればもう一息♪長四角の形になるように今曲げた鉄筋から50㎝の場所で鉄筋を90度に曲げます。, ここで曲げた最初に曲げた鉄筋とこれから曲げる鉄筋が重なってしまいますが、写真のように少し鉄筋をずらして曲げましょう。, ここで一度五徳を地面に置いてみて、ガタツキがあるよならギュッと引っ張って形を矯正します。, わたしは結構キャンプ道具が錆びてくるのは、使い込んでる感があるのでウェルカムなんですが(まあ基本てきに五徳は野外の石かまどの上に放置ですので), サビが嫌な方もいると思います。そんな方は濡れたらきちんと乾かして保管しましょう♪かなり長持ちしますよ。, Niceと言えるCampの情報をシェアするブログです。キャンプ場・キャンプギア・キャンプ飯・DIYを中心にご紹介していきます!, 【LOGOS FAMILY】【Coleman COC会員】人気のロゴス&コールマンの会員特典情報, 宮城在住のキャンプ・自然大好き人間です。