これではプルのときに右腕の回転を止めて、まったく別の動きをすることになりますよね。その動作の切り替えが引っ掛かりを生み、リズムを狂わせてしまうのです。またこの動きでプルをすると、どうしても力が入ってしまうので、音も変に強調されてしまいます。, サムピングで弦を叩こうとするとき、遠心力を付けるために、まずベースとは逆方向に腕を回しますよね。この逆方向に腕を回す動作にプルを入れます。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; でも実際にやってみると、思ったように弾けない…しかも音色が派手な分、弾けていないのが余計に目立ってしまう…。, 効率の良い右腕の使い方をすれば、力を入れなくても弦をしっかり鳴らせるようになります。, スラップで音がバラついてしまうのは、弦を叩いたり引っ張ったりするときに余計な力が入っていることが原因になります。, 効率の良い右腕の使い方をマスターすると、スラップのときも思い通りのリズムで演奏できるようになります。, 効率の良い右腕の使い方とは、引っ掛かりのない動作で、弦を叩いたり、引っ張ったりを繰り返せる使い方のこと。, 右腕の使い方が間違っているのなら、それを正すだけでも、今よりうんと速く弾けるようになります。, スラップベースとは右手親指で弦を叩くサムピングと、右手人差し指、もしくは中指で弦を引っ張って音を出すプルの組み合わせで演奏する奏法のことです。, 自分の耳で聴いて、この音の鳴り具合を許容範囲ギリギリに調整するのが、その人にとって一番低い弦高です。, ネックの調整も自分でできないことはないのですが、慣れていない人が行うと返って状態を悪化させてしまうこともあるので、楽器店などで相談するのが無難です。, しかし慣れないと親指を立てる意識が働いてしまい、親指に力が入ってしまいやすいのです。, 「弦を叩いて音を出そう」と思っているから、腕を回転させるのではなく、振りかぶった勢いで音を鳴らそうとする人が多いのです。, こうすると親指がしなって動き、人差し指に当たってパチパチと音を立てるのがわかります。この親指が当たる対象を弦に置き換えたのが、スラップなのです。, 力を抜いた状態で、親指のしなりを上手く利用できていれば、弦に当たった親指は自然と跳ね返ってきます。, 弦に当てる部分は親指側面の骨の出っ張っている部分。叩く弦の位置は指板上の最終フレット近辺がやりやすいでしょう。, 親指下向きの場合、人差し指と中指で弦に引っ掛かる角度が同じなので、どちらを使ってもやりやすさは変わらないのです。, 人差し指よりも、中指の方が親指から離れていることもあって、弦間隔が離れたフレーズを弾くには、中指でプルをした方がやりやすい場合があります。, その動作の切り替えが引っ掛かりを生み、リズムを狂わせてしまうのです。またこの動きでプルをすると、どうしても力が入ってしまうので、音も変に強調されてしまいます。, サムピングを行うときも、プルを行うときも、同じ右腕の回転の動きを使うから、安定した演奏ができるのです。, ちょっとしたテクニックを盛り込むだけで、一気にそれらしいフレーズに早変わりします!, 派手な音が鳴るので、周りをあっと驚かせたい場面や、フレーズにスパイスを加えたい場面で使えますね。, スラップを身につける上で大切なことは、何を置いても右腕の回転と、それに伴う親指のしなりにあります。. ©Copyright2020 ベース初心者ガイド.com.All Rights Reserved. ベーシストの憧れともいうべきスラップ奏法について、詳しくご存知でしょうか? スラップ奏法とは、別名チョッパー奏法とも呼ばれるもので、親指で弦を叩く動作と、その他の指で弦を引っかけてはじく動作を組み合わせた演奏方法です。 (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); 今までの人生で一番時間を費やしてきたのが音楽。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; | 弦を叩いて振動させ、音を出すサムピング。叩く際に弦がフレットに当たるので、打楽器のような音が出ます。 弦を引っ張って音を出すプル。弦を引っ張る分、サムピングよりも弦が勢いよくフレットにぶつかるので、アクセントの効いた派手な音を出すことができます。, スラップを使って演奏すると、フレットに弦がぶつかる音が入るので、打楽器のようなリズミカルなプレイができます。また、弦を叩く、引っ張るという奏法の性質上、弦が暴れているような派手な音色を鳴らせるというのもスラップの特徴。その特徴を活かして、ベースソロなどにもよく利用されます。ギターでスラップを取り入れているプレイヤーもいますが、ベースの太い音色でスラップをしたときの迫力というのは、やはり唯一無二のものです。, 練習に入る前に、ベースのセッティングもチェックしておきましょう。弾きやすい状態で練習した方が、その分習得も早くなるはずです。, スラップを行う上で気に掛けておきたいのは、ベースの弦高。弦高というのは、弦と指板上のフレットの距離のことです。距離が離れているほど「弦高が高い」といい、距離が短いほど「弦高が低い」といいます。 ベースの花形プレイと言っても過言ではないスラップ!スラップをしたくてべースを始めた人も多いと思いますが、今回は初心者にもわかるようにスラップのやり方などを解説していきます! モノによっては弦間が狭すぎて指が入り込まなかったりと、 物理的に演奏できないベースもありそうです。 このことから、右腕の使い方のコツを掴むには、親指下向きスラップのほうが向いていることがわかります。そして親指下向きで右腕の使い方を覚えてしまえば、腕の角度を変えることで上向きのスラップに移行することも簡単です。, 親指上向きスタイルに利点があるように、下向きにも「サムピングの速度が速い」「ベースを低く構えても対応できる」といった利点があるので、将来的には自身の目指す演奏スタイルによって選ぶのがいいですね。, 前述の通り、スラップのコツは右腕の回転によって、親指をしならせることにあります。しならせた親指が弦に当たり、ムチのように跳ね返ってくることで弦が振動し、音が鳴っているのです。このことがわからず、ただ「弦を叩いて音を出そう」と思っているから、腕を回転させるのではなく、振りかぶった勢いで音を鳴らそうとする人が多いのです。このように認識が間違っていては、安定した演奏などできるはずもありません。, まずはベースを持たず、右手の力を抜いた状態で構え、写真の矢印と同じ動きで右腕を回転させてください。 スラップといわれると、弦を叩いたり、引っ張ったりすることに意識を奪われて、効率の良い右腕の使い方ができていない人が多いのです。 効率の良い右腕の使い方をマスターできれば、演奏時に以下のようなメリットが得られます。 ベースでスラップが出来ない、やり方がわからない、練習の仕方がわからないなどの悩みや もっと詳しく知りたい、どういう練習がむいてるんだろうなどの疑問をお持ちでないですか? 痒いところに手が届く記事となっています。 ぜひご覧ください。 スラップ奏法とは、別名チョッパー奏法とも呼ばれるもので、親指で弦を叩く動作と、その他の指で弦を引っかけてはじく動作を組み合わせた演奏方法です。, この叩きつけたり、はじいたりすることで独特なアタック音とグルーヴを生み出すことができる、ベースの花形的な演奏方法といえます。, 親指で弦を叩きつけることで音を出すスラップにも2種類あります。ひとつは親指が横向きの弾き方。, 正面から見たときに、右手親指が横向きに見える感じで位置することが特徴で、親指のコントロールが効きやすいため、細かいテクニックを多用したいときに有効です。, 次に、親指が下向きの弾き方。これはパワー系のサウンドでよく見られるスタイルで、正面から見たときに右手の親指が下向きに見えることが特徴です。, 親指で弦を叩いてその勢いを下の弦で止めることをサムダウン、またはサムピングといいます。, この流れで、弦の下に親指を入れて爪で弦をひっかけて引っ張り、はじくことで音を出すことをサムアップといい、このサムダウンとサムアップを組み合わせると、指弾きでありながらピック弾きのような音色を実現できるのです。, プルは一般的に人差し指で弦を引っ掛けてはじくのですが、人差し指だけでなく中指もつかって2連続でプルをすることもできます。, 同じ要領で、薬指まで使って3連、小指まで使って4連といったように、右手全体でプルしてしまうようすれば、演奏の幅がグンと広がります。, スラップ奏者の中でも比較的頻繁に使われるスラップ奏法のコンビネーションが、このロータリー奏法です。, サムダウン→サムアップ→プルという一連の動作をジッと見ていると、親指が回転しているように見えることが、その名前の由来といわれています。, とても細かい楽譜も演奏可能なので、難しそうに見えるのですがサムアップとサムダウンを習得できていれば、思いの外サラッとできるコンビネーションです。, ロータリー奏法の最後のプルを、2連プルに変更することで一連の動きで4音まで出すことが可能になります。, 通常のロータリー奏法の3音だと、8ビートや16ビートの曲にはなかなか使いにくいのですが、2連プルにすることでどのような楽曲にも使いやすくなるのです。, しかし、実際にこの奏法を楽曲の中で多用すると、バンドの曲にもよりますが、かなり目立つことは間違いありませんので、バンドの曲調や雰囲気と合わせて考えて使うようにしましょう。, 向き不向きは扱うミュージシャンによって異なるので、一概にはいえませんが、それでもスラップを多用するミュージシャンがよく使っているベースというものがあるのも事実です。, 一般的にスラップに向いているのは、パッシブベースよりアクティブベースであり、プレシジョンベースよりジャズベースと言われています。, パッシブかアクティブかというところですが、アクティブベースにはプリアンプが内蔵されていることから、サウンドが華やかでパワフルであることが特徴です。この特徴によって、高音域と低音域を際立たせたドンシャリサウンド寄りの音作りがしやすくなります。, だからと言って、スラップするならアクティブベースでないとダメということではありません。, アクティブベースとパッシブベースの違いはプリアンプが内蔵されているかどうかなので、もしパッシブベースでアクティブベースのようなゴリゴリした音を出したければ、エフェクターやプリアンプを外部でつないでしまえばいいのです。, このように、音色を作ることも可能なので、そこまで本体の性能にこだわることはないでしょう。それに、プリアンプが内蔵されていると、音のキャラクターが決まってしまいやすいというデメリットもあるので、このあたりは好みが別れるかもしれません。, そして、ジャズベースかプレシジョンベースか、という点については、音色的に抜けがいいジャズベースが向いているという意見が多いです。ジャズベースは高音域と低音域が強調されるように作られているので、設定によってはバキバキでゴリゴリのサウンドを作ることも可能になります。, それに対して、プレシジョンベースは中音域が強調されているため、もともと音抜けがよくない代わりに、丸みのある暖かい音色が特徴なので、スラップのような迫力や勢いで個性を発揮するプレイには不向きと言えるのです。この辺りも、機材やエフェクター、アンプの設定などで大きく変わってきますが、あくまでも傾向という意味で、ご紹介しました。, スラップと聞いて真っ先にイメージするのが、おそらくこのMUSICMAN STINGRAYではないでしょうか。, Red Hot Chili Peppersのフリーが愛用していたことで、「スラップ=スティングレイ」というイメージが広がったと言っても過言ではないでしょう。, 内蔵プリアンプだけでなく、ハムバッキングピックアップによるブリブリした独特のサウンドで、今も多くのファンを獲得しています。, ベースの王道メーカー、Fenderのジャズベースは前述の通りスラップにもオススメです。, ドンシャリサウンドを得意とするジャズベースは、昔から多くのミュージシャンにも愛用されており、ジャコ・パトリアスやマーカス・ミラーといった有名ベーシストが使っていたことでもその信頼性が実証されています。, スラップに特化しているわけではないので、幅広い音楽に合わせることができる音作りの幅広さは特筆すべきものがあり、さまざまなプレイスタイルに対応できる優等生なのです。, 見た目はFender Jazz Bassに似ていますが、その特性はスラップのために作られたかのような音色です。, RIZEなどで活動するKenKenがATELIER Zを使って、高速スラップをしているイメージでも有名ですが、ドンシャリサウンドだけでなく、中音域の抜けの良さはバンドの中でも埋もれることなく個性を発揮してくれます。, ちなみにこのATELIER Zはアクティブベースなのですが、スイッチ一つでパッシブベースにも切り替えることができます。, これによって、アクティブとパッシブを適宜切り替えることで音作りの幅がとても広いことも魅力です。海外メーカーが主流の中でも、ATELIER Zは日本が世界に誇るハイエンドブランドと言っても過言ではないでしょう。, 独学で練習するとなると、動画や教則本を参考にするしかないのですが、実際手首の動かし方や弦へのアプローチの仕方など、細かいところはわかりにくいものです。, そのため、音楽教室に通ってプロの指導で疑問点をしっかり解決していくという方法もあります。, しかもこのエレキベースはEYSモデルとして制作されたもので、他の音楽教室にはない特典ですし、その日から自分の楽器が手に入るというのは、モチベーションも上がりますよね。, また、半年かけて1曲弾けるようになるまでプロの講師が指導してくれるので、上達を実感することができます。, それに、同じ教室に通う他のパート(ギター・ドラムなど)の人とも交流も盛んなので、バンドメンバーを見つけやすいのも魅力的です。, 見た目にも難しそうで、実際やってみてもコツを掴むまではできる気がしないほど難解な奏法ですが、噛み砕いて練習していけば必ずできるようになります。, しかし、独学では難しいということなら、音楽教室でみっちり教わるのも有効な手段です。, 【初心者必読】トランペットを始める前におさえておきたい基礎知識と練習方法【入門編】, 【初心者必読】フルートをはじめるにあたって知っておきたい基本的知識と練習方法【入門編】, ベースで高嶺の花子さん/back numberを演奏|弾き方・ポイントを現役音楽講師が解説!. こうすると親指がしなって動き、人差し指に当たってパチパチと音を立てるのがわかります。この親指が当たる対象を弦に置き換えたのが、スラップなのです。, ここからいよいよ具体的な練習を行っていきましょう。まずは親指で弦を叩くサムピングからです。, 前項で触れた通り、サムピングは右腕の回転でしならせた親指を弦にぶつける動作です。しならせた親指は弦に当たると跳ね返るので、その結果弦に振動が起こり、音が鳴ります。サムピングで音が鳴らない人は、この跳ね返りが上手くいかず、弦を押さえつけることになってしまい、振動を殺してしまっているのです。, 力を抜いた状態で、親指のしなりを上手く利用できていれば、弦に当たった親指は自然と跳ね返ってきます。このことを意識しながら、以下の練習フレーズに取り組んでみましょう。, 4弦から1弦まで、まんべんなく音を鳴らせるように練習してください。弦に当てる部分は親指側面の骨の出っ張っている部分。叩く弦の位置は指板上の最終フレット近辺がやりやすいでしょう。この辺りも慣れてくれば、音色の好みによって調整することができます。 「轟音ファクトリー」の6弦ベーシストSUMI-chang(すみちゃん)がベーシスト目線で綴る音楽ブログ。誠実さとヘビーメタリックさがモットー。, sumichang6bassさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 基準があるといっても、弦高は数字よりも音を聴いた感じで合わせるのが一番です。弦高を下げ過ぎると、弦がフレットに当たって「ビーン」という音がします。これを「ビビる」といいますが、この音があまり如実に鳴っているのは良くありません。, 自分の耳で聴いて、この音の鳴り具合を許容範囲ギリギリに調整するのが、その人にとって一番低い弦高です。つまり「自分的に、このぐらいのビビりならOK」というラインを探ってください。これは押さえるフレットによっても変わってくるので、必ずすべて押さえて確認するようにしましょう。, またネックが反った状態で弦高をいじっても、上手くいかない場合があります。ネックの調整も自分でできないことはないのですが、慣れていない人が行うと返って状態を悪化させてしまうこともあるので、楽器店などで相談するのが無難です。このとき自分がベースを買ったお店なんかだと調整も頼みやすいですね。, ここからスラップにおける効率的な右腕の使い方を解説していきます。サムピングにしてもプルにしても、ここを理解していることが上達への鍵を握っているので、練習に取り組む前にしっかりと目を通しておいてください。, まずスラップには大きく分けて「親指上向き」「親指下向き」の二種類のスタイルがあります。どちらも優劣つけがたい奏法なのですが、右腕の使い方のコツを覚えるという意味では、親指下向きのスラップがおすすめです。, 親指上向きのスラップは、親指をピックに見立てて、弦を振り抜く弾き方ができたり、そこからアップピッキングへ移行できたり、フレーズに幅を持たせることができます。

ハイゼットカーゴ リフトアップ 3インチ, 保育園 行きたくない 2歳, ニュース風 動画 素材, 折り紙 花 くす玉, Vi 日本語 文字化け Utf 8, タワーオブテラー ストーリー ネタバレ,