(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 前から見るとアグレッシブかつスポーティな顔つきで普通にカッコイイ。レヴォーグやWRXのようなガンダム感も無く、多くの人に受け入れられるスタイリッシュな顔立ちですね。, 試乗車にはLEDヘッドライトが付いていたので、さらに締まりのある顔になっていました。, ボディ下部に付いているブラックの樹脂パーツも良いですね。最近のクロスオーバー・SUVのトレンドとも言えるデザインです。, ボディ下部がブラック化されていることでSUV感が際立って、タフなイメージに仕上がっています。これがあると無いでは全然違うんですよね。ツルンとしているよりもこっちの方が絶対にカッコイイ。, 雑誌や画像で見てもそうですし、ホームページでXVを見ても、普通についているルーフレール。実はこれオプションなんです。, ルーフレールがついているとSUVのようなタフなイメージに仕上がってカッコイイのですが、付いていないXVを見るとものすごく寂しく感じます。ルーフレールが付いている姿に見慣れているからでしょうか。, 上の画像はルーフレールが付いていないXVですが、なんか寂しくないですか?物足りないような気がします。, それにルーフレールをオススメする理由はもう一つありまして・・・ルーフレールをつけるとアンテナがシャークフィンに変わります。ルーフレールとシャークフィンアンテナはセットなんです。, 昔ながらのアンテナがニョキっと付いているよりも、下の画像のようにシャークフィンの方が、明らかにスマートで「今っぽい」です。, ルーフレール&シャークフィンアンテナが付いたこの姿こそ「ああ、コレコレ」ってなりますよね。実際、ルーフレールが付いているからって何かに利用することは無いと思いますが、それでもこの姿にしたくて付けたい装備だと思いました。私だったら絶対付けます。, インプレッサXVはグレードが違っても外観があまり変わらないのが特徴です。1.6LのグレードでもLEDヘッドライトのオプションを付けるだけで普通に良い感じになります。, さらにプラスしてルーフレール・シャークフィンアンテナのオプションをつければ、画像や雑誌などで見慣れたカッコイイ新型XVの完成です。, 1.6Lのグレードを選んだからといって、上級グレードに比べて極端に寂しい感じが無いのはイイなと思いました。, 前期型に比べて明らかに内装の高級感がUPしました。200万円台の車でこの内装はちょっと凄いですね。普段、レガシーに乗せてもらうことがあるのですが、正直レガシーよりもセンスがあると思いました。, 私が試乗した2.0i-S EyeSightは上級グレードということもあり、オレンジ色のステッチが入ったりシートが豪華なものになっていました。シートの座り心地も良くてかなり好印象です。, 見える部分にはソフトパッドが使われており高級感が感じられます。それにメタルパーツもプラスチッキー感が無く、しっかりとした素材が使われています。インフォメーションパネルなどのデジタル表示もキレイでとても見やすかったです。, この内装だったら友達を乗せてもチャチだと思われることもないし、インテリアにコダワリがある人も満足できるレベルのハズ。価格に対してのクオリティがズバ抜けてます。, 上級グレードを選ばなくても高級感のある内装になっています。上の画像はショールームに置いてあった1.6i-L EyeSightの内装を撮ったもの。なかなかの質感じゃないですか??, シートの素材・ステアリングの素材・シフトレバーカバーのブラック化など、それなりに差はあるのですが基本的な内装はそのままなので、1.6Lのグレードでも高級感を感じることができると思います。, 個人的に1.6Lと2Lのグレードで一番違うのはオレンジステッチ内装による印象だと思っています。オレンジステッチ内装だとオシャレ感・高級感がありますよね。, 逆にオレンジステッチの内装とか特にいらないよという人には、1.6Lエンジンの内装でも十分でしょう。, ドアミラーの付け根あたりについている三角窓、これが大きくて周囲の確認がとてもしやすいです。三角窓の視界が良いのと悪いのでは、体感的な視界の幅が全然違います!!, これが視界に与える効果は絶大。マイカーは三角窓が完全に塞がっているので、視界が狭いです。スバルは安全を謳うだけあって三角窓の視界を考慮した車作りをしていますね。, XVの三角窓はただあるだけじゃなくて、シッカリ大きく作られているのがポイント。ドライバーに優しいです。, 普通にXVを運転していればまず気づかないような所に、スバルのコダワリがあることを教えてもらいました(笑), どこにこだわりのポイントがあるのかというと・・・窓を締めるときに静かに閉まるところ!私も全く気づきませんでしたが、営業さんに言われて気づきました。, これまでのスバル車は窓を締めるときにウイーン・・・ガシャっと、勢いあるままドア上部にガラスが突っ込むような感じでした。, しかし新型XVは窓が上まで締まり切る直前に少し減速して、スっ・・と、いささか静かに閉まるようになりました。ただ窓が閉まるという何気ない動作ですが、そこに優しさを加えたのが密かなこだわりだそうです。, 言われなければ気づかないけど、そういう所にコダワリを持ってクルマを作れるスバルさんは、やっぱりステキなメーカーだと思いました。さすが職人気質ブランド!, 画像がわかりづらくてスミマセン。膝から前席までは握りこぶしで2,3個分くらいのスペースがありました。(私の身長は160センチ少々)足元も足を動かせるだけの余裕があり、それなりのスペースは確保されています。, 外からXVを見たイメージ通りの広さという印象でした。狭くもなければ広くない・・・という感じですね。, 小柄な私でも後ろに3人はちょっと狭いかなと思いました。もちろん男3人でも座れるのですが、長距離だとチョット疲れるかな・・・というのが正直なところ。, 奥さん、子供などファミリーユースで使う分には十分なスペースだと思います。家族でXVを使いたい人も多いと思いますが問題無いです。, あと、後部座席の真ん中を引っ張るとドリンクホルダーが付いた肘掛けになるのはGOOD。後ろに座っている人も快適に過ごせます。, 荷室の広さはそこまで広くないです。普通のコンパクトカーよりもちょっと広いかなくらい。ただ、普段使いする分には困ることはないかなと言う感じです。, お子さんの部活の試合で荷物を積むとか、自分の趣味の道具を積むとか、ソレぐらいであれば問題無いレベル。ガッツリ荷物を積んで走りたい人はレヴォーグの方が良いかもしれません。. 特長を書いてみると (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); まず走り出してすぐに思ったのが、加速が良い!ということ。ディーラーから一般道に出るときにチョコンとアクセルを踏んだらグンッ!と車が前に出てビックリ(笑), スペック上では20kgf・mですが、実際の低速加速の鋭さはソレ以上に感じます。停止している状態からでもすぐに流れに乗れました。多くのユーザーは普段は街乗りが多いハズなので、信号発進の加速が良いというのは嬉しいポイントだと思います。, 前の車との距離が空いたときに、ある程度アクセルを踏み込んでみました。低速加速がドン!と速かったので急加速もさぞスゴかろうと思ったら、意外にもちょっと遅かった?です。, 実際には遅くないのかもしれませんが、低速加速の鋭さから想像していたよりは物足りないというのが正しいかもしれません。, それにXVはエンジン音が結構車内に入ってくるので、それも関係していると思います。アクセルを踏み込んだときの音の盛り上がりに対して、加速力が連動していないのが余計にそう感じさせるのでしょう。, きっとXVは街乗りの扱いやすさに重点を置いたエンジンセッティングなんでしょうね。街乗りスピードでクルージングしながら車内で会話を楽しむような・・・そんなシーンをイメージして作られたのかな~なんて考えちゃいました。, 走っていて気になったのが、音です。おそらくエンジン音だと思いますが、アクセルを踏んだときの音が思ったよりも大きいんですね。うるさいレベルまではいかないですが、静かな車が好きな人は気になるかもしれません。, ちなみに私は、初めは「ちょっと音が大きくて気になるな・・・」と思ったのですが、走っているうちに忘れていました。気にしないようにすれば特に気にならないかも?, 試乗コースでカーブや坂が連続する道を走ったときにスポーツモードに入れてみました。スポーツモードに入れると回転数を引っ張るようになり、アクセルレスポンスが上がります(可変ダンパーではないので足回りの硬さなどは変わりません), スポーツモードを堪能しようとアクセルを踏んでみましたが、正直そこまで違いがわかりませんでした。もうちょっと時間をかけて走ればわかったかもしれませんし、私の神経が鈍いだけなのかもしれません。, 逆に印象に残ったのがエンジン音の大きさです。回転数を引っ張って走るのでちょっとウルサイと感じました。私は元来スポーツカーが好きなのでエンジン音が聞こえるのは歓迎なのですが、楽しいタイプの音ではなかったので、ちょっと耳障りでした。, それであれば普通のモードの方がイイかな・・・と。普通のモードでも加速力は十分ですし何の不満もありません。, 試乗車は上級グレードでしたので18インチホイールを履いていました。試乗する前は「インプレッサで18インチとか乗り心地悪そう・・・ちょっとミスマッチでしょ」とか思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。, 走り出してみると18インチのネガティブな部分を全く感じないのです!!段差や荒れた路面を走っていても非常に乗り心地が良い!自分のこれまでの感覚で「あの段差ちょっと衝撃大きそうだな」と思っても、トンと走り抜けていきます。これにはホントに驚きました。, ほぼ確実にレガシーよりも乗り心地が良いと思います。レガシーは段差で結構バタバタしますよね。それにマイカーのBMW 3シリーズよりも乗り心地が良いです。マイカーも18インチを履いているのですが、XVのほうが圧倒的にショックの吸収が上手・・・参りました。, しかもXVは揺れの収まりも早いんですよね。車酔いしにくいという点でも優れています。, 国産で、しかもCセグメントで18インチホイール履いて、こんなに乗り心地が良いなんて考えられませんでした。17インチだとどれだけ快適なんだろう・・・。この乗り心地の良さなら18インチの2Lグレードも普通にオススメできます。, なんでこんな大きいホイールを履いていて乗り心地が良いんだろうと営業さんに聞いたら、「新しいプラットフォームの剛性がとんでもなく高いから」だと教えてもらいました。, サスペンションの取り付け剛性だけでなく、車の基本骨格全体の剛性が高く、段差の衝撃などを車全体で受け止めているから乗り心地が良いそうです。言われてみればサスペンションがバタバタすることがありませんでした。, かつてのプラットフォームに比べて各部が二倍近く剛性が増しているようですが、とんでもなく良い車になっていますね。, 静粛性は普通くらいだと感じました。風切り音なのか、エンジン音なのか、排気音なのか・・・乗り心地の良さに比べるとちょっと物足りない部分です。, 新プラットフォームSGPの効果が如実に体感できます。ただ直進を走っているだけでもビシーッと安定感が感じられます。カーブでもフラフラせずにかなり安定して走れました。, なんなんだ、この安定感は・・!タイヤからボディまで動きが連動していて、ドッシリとした一つの塊が動いているような感じ。まるでVWのゴルフみたい。, VWのゴルフも見た目の割に走ってみると車体がすごくドッシリ安定している車なのですが、それに近いフィーリングでした。インプレッサシリーズはもう確実にドイツ車の域だと思います。, このクラスでこんなに基本性能が高い車なんて、トヨタにも日産にもどのメーカーにも無いです。さすがスバルだわ。, インプレッサXVを試乗してみて、一番印象的だったのは車の基本性能の高さ。直進でも、カーブでも、とにかく車がビシっと安定していました。この基本性能の高さが印象的すぎて、全開加速が少々鈍いことなんて全くデメリットに感じません。, ハンドルを取られることもなかったし、カーブでフラつかないし、とにかく車の運転が簡単!「何にもストレスを感じることなく”高いレベルで安定して走れる”ことがこんなに快適なんだ」と感じさせてくれました。, 特別スポーティなエンジンを積んでいるわけでもないし、ハンドリングが超クイックなわけでもない・・・普通なんですけど、その”普通のレベル”がスゴく高い所にあります。, こんなに上手にまとまっている車って・・・ちょっと思い当たらないですね。本当にVWゴルフみたいな基本性能の高さが活きている車だと感じました。それに見た目もファッショナブルだし、内装も上質になりました。この車本当に200万円台の車か?!って感じですね。, 新型インプレッサは元から普通にカッコイイですが、できればLEDヘッドライトやルーフレールといったオプションは付けておきたいところ。それらの装備が付いているとさらにかっこよくなります。, しかしそれらのプションを付けるとなると10万円以上は必要・・また、それらのオプションを付けなくても200万円以上する高級車ですから、できるだけ安く済ませられたらソレに越したことはないですよね。, 現在、新型XVは発売したてということもあり、積極的な値引きは行っていない状態です。, でも実はディーラーさんの値引き額以上に安く、オトクに買う方法があります。その方法とは愛車を下取りに出さずに買取屋さんに売却すること。1~3分の一手間で、新型XVを10~50万円は車をオトクに購入できます。, 「ウソでしょう?」と思われるかもしれませんが本当の話です。意外と知られていないのですが、ディーラー下取りと買取屋さんに売却するのでは金額がガッツリ違います。, 自分の要望や好みを妥協することなく、納得のMyインプXVをゲットしちゃいましょう。. 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! このクルマの購入を検討している人にひと言 スポンサーリンク 法人でも作れる法人専用のETCカードがあるんです。 スバルXVを新車で購入しました。今回思いきった買い物でした。零細企業のサラリーマンにはこれが限界です。でも走りも快適で問題なし!オプションも大幅に値引きしてもらったので、総額約280万円で収まりました。subaru xvを購入した私の体験記になります。 装備:★★★★★ ツーリングアシストなしでも一般道で充分活用できるし、非公式だが夜間の自転車にも反応する クレジット機能がありません。 | 平均燃費:11.0km/ℓ(街乗り4割 郊外ドライブ6割) 装備:★★★☆☆ 横滑り防止装置であるVDCは確実に滑りを止めて減速側に働く。アイスバーンのABSは効きが甘い時がある 朝ランした後にスバルさんに行って、諸般の事情で廃車になった前車とお別れして契約書にサインしました。, スバル XV 2.0e-S EyeSightを新車で購入しました。ちょうど、スバル恒例の年改タイミングにあたりました。ラッキー。なので、出たばっかりのD型購入になりました。, 廃車までいろいろ営業担当、工場担当のみなさんが親身になって対応していただき、とっても信頼できたというのが最大の理由です。これで他所に行くことは無いなって感じ。, スバルのSUVが好きでフォレスターターボを乗り継いできました。しかし、家の駐車場が車高170cm制限で、今のフォレスターの車高が高すぎて買い替えはできません。ターボも無くなってしまいました。なので、今回はXVにしました。スバリストではありませんが、スバル好きではあります。, フォレスターも最初はインプレッサのSUV版だったのに、見事に大きく成長してしまいました。いまやエンジンも2500だし。, スバルは、台風19号で部品会社に被害が出たらしく納車の遅延が危ぶまれましたが、予定どおり12月7日に納車。, この年改でD型になったXVは2リットルエンジン車はすべてハイブリッドのe-Boxerになり、EyeSightはツーリングアシストにバージョンアップされました。その他にもオートドアロックが付いたり、ロック時のドアミラーオートクローズがついたりもしています。, オートドアロックは最近の煽り運転のニュースを見ていると重要性増してます。事故時のオートドアロック解除ができるようになったことで搭載されたようです。, スバルのハイブリッド(e-Boxer)は燃費重視では無くて、ターボみたいなエンジンのアシストだと聞いていたので、これまでフォレスターターボに乗っていたのもあり、e-Boxerを選択。, グレードは2.0e-L,2.0e-S,Advanceの3つ。メーカーオプションを同じのに揃えると、この3つはそれぞれ5万5千円の差。 違いはLとSはホイールが17インチか18インチかの違い、SとAdvanceは、Advance専用のパーツが付くかどうか。どうも17インチはピョンピョン跳ねるという口コミがあり、そして、Advanceの銀色装備と専用の低いルーフレールがあんまり好きになれなかったので、2.0e-Sを選択。18インチってかっこいいし、5万5千円で手に入るなら安いかな。, メーカーオプションはアイサイトセイフティプラス(運転支援)とアイサイトセイフティプラス(視界拡張)。そしてルーフレール(ラダータイプ)。, やっぱりSUVにはルーフレールでしょう。ルーフレールを付けるとシャークフィンアンテナが一緒に付いてきます。, ボディカラーはXV(Advance除く)のイメージカラーと言えるクールグレーカーキ。営業によると、この色は手入れがラクですよ~とのことです。, ディーラーオプションは、ドアバイザーが含まれた基本セット、ナビとドライブレコーダーとETCがセットになったナビセットを購入。ついでにダッシュボードにナビのUSB端子を出す部品を購入。ナビは三菱電機のダイアトーンナビかパナソニックのナビが選べましたが、どうもパナソニックナビの評判が悪い。Macからだと地図の更新ができないらしい。ダイアトーンナビの方が音もいいらしい。ディーラーのおすすめもダイアトーンナビだったこともありダイアトーンナビを選択。, バックカメラはここに付きます。きれいに収まってます。ドラレコのバックカメラも兼ねてます。, バックカメラの映像はナビの画面に表示されます。結構はっきりと映るもんですね。MIDに表示されているのは、メーカーオプションのサイドビューモニタ。左側のドアミラーにカメラが付いていて、死角になる左前方を映してくれます。, シートは普通のファブリックのシート。しばらく走ってみましたが、どこも痛くなりませんでした。本革シートにしないとシートヒータは付いてきません。前車でもほとんど使わなかったので無くてもいいかな。, 後席はこんな感じ。座ってみると膝はゆったりしています。後席リクライニングはできません。後席にはシートベルト警告が付いていますし、, エンジンを停止すると後席に荷物があったり人がいると後席を注意するようリマインダーが付いてます。(ピンボケですまん), 荷室はそんなに広く無い。ディーラーオプションのトノカバー。転がっているのは純正のサンシェードと非常停止表示版。, このカーペットを持ち上げるとここにe-Boxerのバッテリーが格納されてます。結構でかいです。これがあるので、荷室の高さと燃料タンクの容量が犠牲になってます。, 結構おもしろいのがMID(マルチインフォメーションディスプレイ)。エンジンとモーターの稼働状況や瞬間と平均燃費、ナビ案内中は曲がる交差点情報などなどが表示されます。視線移動が小さいので安全。, また、iPhoneと繋いでCarPlayで音楽を流していると曲名が表示されます。高速運転中に曲名チェックができる。もちろん画面を注視してはいけませんね。, メーターは真ん中に液晶モニタのあるタコメーターとスピードメーターの一般的なタイプ。液晶モニタの中央部分はアイサイトの表示画面。, 上の部分はハンドル左下のボタンで表示を変えられます。デジタルスピードメーター、燃費計、アイドリングストップの時間表示などに変更できます。, エンジンスタートボタンの周辺。イルミネーションコントロールやアイドリングストップOFF、横滑り防止機能OFF、ステアリング連動ヘッドランプOFFが有ります。いずれも普段は押さないスイッチです。, アイサイトのカメラの裏側(ルームミラーの上部)にもプリクラッシュブレーキOFFと車線逸脱警報OFFのスイッチがあります。普通に走っている時は使わないです。深い雪の時はプリクラッシュブレーキOFFにしないと使い物にならないとか聞きます。, ステアリングのスイッチはアイサイト関係が右側でオーディオ関係が左側。左側のINFOスイッチでMIDの表示を変更できます。慣らし運転中なので使ってませんがステアリング奥にパドルシフトもあり。, エアコン以外はハンドルから手を離さず操作できます。AppleCarPlayの使用時にはSourceボタンの長押しでSiriが起動します。, シフトレバーの手前は中央がパーキングブレーキ。電子式になって軽く引くとかかるようになりました。アクセルを軽く踏むと自動で解除されます。, 左側の空いているところにはシートヒーター付きのオプションを選ぶとスイッチが入るらしい。, 右側の下がX-MODEボタン。これを押すと悪路に対応して制御してくれます。まだ使ったことありません。, 右側の上がAVH。信号などでブレーキを踏んで完全に停止すると自動でパーキングブレーキがかかります。車が止まるとそのままブレーキを離しても車が進みません。アクセルを踏むと解除されます。, AVHがONの時はメーターに表示が出ます。エンジンオフにするたびにOFFになります。それがちょっとめんどくさい。駐車場に入れる時以外はONにしたままでいい。これ便利。, トレイを外すとドライブレコーダーの本体が格納されています。ここにはポケットティッシュなどを無造作に放り込んでます。電源はシガーソケット1個とUSBが2口。iPhone用のケーブルを突っ込んでます。このケーブルをトレイの上から出して充電ができるようにしています。, こんな感じで、まだ慣れてませんが、遠出してランするときなどに使ってみて、思いっきり走り込んでみたいと思います。, Genmai_17さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

七つの大罪 十戒 人気ランキング, 白猫 シャドウシーカー スキル, 暑中見舞い イラスト かわいい, 海外送金 受け取り 拒否, 卒園ソング Jpop 保育園, 暑中見舞い イラスト かわいい, メゾン マルジェラ 関西, ポスター ベクター フリー, 命に 嫌 われ ている, 車 騒音規制 フェーズ2, ハイエース 1型 ディーゼル, カルダノ ステーキング 利率, 大野雄大 対戦成績 2019, 西 那須 路線 バス, カルディ スパークリングワイン 美味しい, また明日 恋ステ 歌詞, ペルソナ3 映画 主題歌 Cd, 酸素と 二酸化 炭素 中学受験, フルハウス フラーハウス 比較, スピッツ 30周年 Dvd セトリ, エリザベス女王 映画 クイーン, ハロウィン仮装 大人 女性 手作り, 都内 赤ちゃん 遊び場, 正解 合唱 歌詞, 楽天 獲得予定ポイント 表示 されない, 命に 嫌 われ ている,