すっきりとした香味が人気で、刺身のつまなど薬味としてもおなじみのシソ(紫蘇)。シソは栄養価が高く、抗酸化作用や殺菌作用もあります。育て方も簡単で、プランターや鉢でも栽培可能です。今回はシソ(紫蘇)の育て方について、種まきから収穫までの栽培のコツをご紹介します。 しそ(大葉)の育て方②室内でも育つ!水耕栽培. 家庭菜園や、キッチンガーデンとしても人気の高い「バジル」。バジルは色鮮やかな緑色で香りがとても良く、食欲をそそります。イタ... 毎日の食卓に活躍するイタリアンパセリの育て方をご紹介します。イタリアンパセリは栄養も豊富で、初心者の方でも育てやすいハーブ... ハーブのひとつ、チャービルの育て方を日記形式でお伝えします。「美食家のパセリ」と呼ばれるチャービルは、繊細な香りと姿形が特... ここ数年で葉を栽培しお茶や入浴剤として活用されるようになった大和当帰の葉、根は古くから補血作用のある生薬として知られ、葉に... カメムシ草という名前を聞いたことがありますか?他にもシャンツァイやコリアンダーなどと呼ばれますが、日本名(和名)での正式な... カレーフレークを使ったことはありますか?カレールーとカレー粉のいいところを集めたものがまさに「カレーフレーク」です。計量が... 夏にグングン成長して獲れすぎたバジル、使い方に困ったことはありませんか?使い切れなければドライバジルにして保存しましょう。... バジルは、料理の香りを豊かにするのに欠かせない香辛料の一つです。そんなバジルの冷凍、冷蔵方法や、解凍方法、バジルの使い方に... 和風ハーブとして広く名が知られているしそですが、実は青じそは常温ではあまりもちません。しかし、青じそは冷凍できるのです。こ... カレーや沢庵の着色に使われるウコンはターメリックとも呼ばれます。そんなウコンの栽培に必要な土作りから苗の植え付け、収穫時期... 食卓に欠かせないアイテムの一つであるごま油。しかし時にはごま油を切らしてしまうこともありますし、ダイエット中なので別のもの... ミントはシソ科ハッカ属の総称です。お菓子やお茶でなじみのあるミントは、栽培が容易です。初心者でも育て方は難しくなく、収穫ま... この記事ではミントの葉の使い方をご紹介します。ミントの葉を使ったミントティーの簡単な作り方から、消臭・虫除け効果が期待でき... レモンのようにさっぱりとフレッシュな香りが人気のレモングラスは、アジアで広く栽培されているハーブのひとつです。さまざまな効... レモンタイムとは、タイムの仲間で香りがレモンに似ています。香りの刺激が少なくさわやかで、ハーブティーやポプリ、入浴剤など使... ルッコラはサラダの中ではアクセントとして、お肉料理では付け合わせとして飾られることの多いハーブです。育て方はとても簡単で、... パイナップルミントは夏のハーブです。リラックスの効能も期待できる香りを持つ葉には虫除けなどうれしい使い方も。増やし方も簡単... 古代ローマ時代から薬として利用されてきたオレガノは香りもよく、育て方もポイントを押さえておけば難しくはありません。オレガノ... 古くから強壮剤として用いられてきた朝鮮人参は、漢方薬やドリンク剤、サプリ、ガム、化粧品などに使用され、その人気は今も衰える... 赤くて酸っぱいハイビスカスティーは、ローゼルという植物からつくります。ローゼルは美容効果や用途が豊富で、適温でなら育て方は... 山椒の木をご存じでしょうか。新芽はよく飾りや香り付けなどに使われます。実もつくだ煮や味噌などに使われることがある、日本古来... ハーブティーはお好きですか?おいしいだけでなく、美容や健康にも良いのですが、どの種類を選んだら良いのか迷ってしまいますね。... 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれ... パクチーには特有の香りがあり、エスニック料理には欠かせない存在です。比較的手軽に育てられ、露地栽培や室内栽培にも向いていま... よもぎは優れた効能を持ち「和製ハーブ」とも呼ばれています。ここでは、よもぎの基本的な育て方とよもぎの採取・保存方法を、よも... アロマオイルで人気のローズマリーには実はたくさんの種類(品種)があることをご存知ですか?育ち方で品種が分類されています。そ... サフランは世界一高価なスパイスの王様です。その効能はすばらしく、古くから漢方や料理、染料などに使われてきました。きれいな黄... 誰でも手軽に育てられるアップルミントは、体に優しい効果・効能が期待できるハーブです。りんごにも似た清涼感あふれる香りを、生... タラゴンというハーブをご存知ですか。タラゴンは特にフランス料理に欠かせないハーブで、「料理の竜」や「食通のハーブ」とまでい... タイムは寒さと乾燥に強く、育て方の比較的な簡単な香草(ハーブ)です。清涼感のある香りが特徴で、斑入りの種類はカラーリーフと... 生命力が高いバジルはとても育てやすく家庭菜園向きのハーブですが、やがて白い花が咲くと栄養分が花にとられるため、せっかくの葉... チャービルとは、ハーブの一種ですが、あまりなじみがないと思われる方も多いでしょう。しかし意外にも身近で、かつ利用しやすいハ... オイスターリーフは、そのまま食べると牡蠣の味がする不思議な植物です。日本ではあまり馴染みがありませんが、料理の付け合わせな... 不老長寿のお茶とも呼ばれるルイボスティーには、体によい成分がたくさん含まれています。しかし、予期せぬ副作用が起こる可能性も... 爽やかで甘い香りのローリエは煮込み料理をするときの定番ハーブとして知られています。適量入れると風味が一段と増すため、カレー... フェンネルシードはセリ科「フェンネル」の果実です。フェンネルは葉、茎、果実とすべて食べられるハーブで、部位によってさまざま... シソ(紫蘇)の育て方!種まきから収穫するまでの栽培のコツをご紹介!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。. しそ(大葉)は和製ハーブとして薬味や天ぷらなど味のアクセントとして色々使える植物です。しそ(大葉)栽培は初心者でも簡単に行うことができます。今日はしそ(大葉)のプランターなど通常栽培の方法と水耕栽培での育て方・増やし方をご紹介します。 シソ(大葉)の水耕栽培の方法まとめ(ペットボトルで水耕栽培) シソの水耕栽培はメリットがたくさん。虫が湧きづらい・無農薬で作れる・生育が早いなどなど。 ペットボトルから水耕栽培容器を作る。簡単で安上がり。 最初の1株は苗から買った方がいい。 水耕栽培容器への移植 2009年4月5日 (水耕栽培容器への移植) 1回目) 種まき後2週間強、ティッシュペーパー毎ちぎって水耕器に入れました。 ポットの穴から、ティシュペーパーなどを垂らしておき、常に水を吸い上げる状態にしておく。 しそ大葉の各肥料水の目安(水耕栽培) ハイポニカ500倍濃度で育てる場合 (>>詳しい作り方はこちら) 大塚ハウス(OATハウス)で育てる場合 発芽から収穫まで 濃縮液2000倍 (水1リットルに対して各濃縮液1号5ml、2号5ml、5号、0.25mlです) 日光と水を必要とする植物ですので、植木鉢には一個に一株、プランターには3~4株が適当です。 種から育てる場合は、ポットがあれば2~3個のポットに分けて種をまきましょう。 水をたっぷり上げて日なたに置いておけば1週間程度で芽が出ます。 シソ(紫蘇 しそ)は「大葉」とも呼ばれ、葉だけでなく穂ジソも料理の薬味として大活躍の植物です。シソは初心者でも簡単に育てることができますよ。室内なら害虫の心配もなく、手軽に家庭菜園を楽しめますね。今回は、シソの基本情報から栽培方法をご紹介します。 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれば一年中収穫できて便利ですね。水耕栽培は土の代わりに水と液肥をつかって育てるシンプルな栽培法です。シソの水耕栽培のコツを調べてみました。, 水耕栽培はプランターや家庭菜園のように、養分たっぷりの土で育てないために肥料が欠かせません。肥料なしでは栄養分がない水だけなので、枯れませんが丈夫なシソの収穫は望めません。水に液体の液肥を入れて水ではなく液肥で育てます。, 種から育てなくても季節なら苗があると思いがちですが、水耕栽培の場合は土がついている苗は不向きなのです。観葉植物では水耕栽培用の苗も販売していますが、シソなどの野菜は自分で水耕栽培用の苗を作る必要があります。, 水耕栽培は土を使わずに「水」と「液肥」で育てるので根は常時、水に浸かった状態です。一方、普通の苗は「土」で育てるので水にいつも浸かった状態では環境がちがうので根腐れをしてしまいます。そのため、土を落として水耕栽培用に使ってもよい結果が得られません。, 1.発芽したシソは本葉がでてスポンジから根がでるようになってから移す 2.1か所から2本以上発芽して成長したときはしっかりした方だけ栽培する 家庭菜園や、キッチンガーデンとしても人気の高い「バジル」。バジルは色鮮やかな緑色で香りがとても良く、食欲をそそります。イタ... 毎日の食卓に活躍するイタリアンパセリの育て方をご紹介します。イタリアンパセリは栄養も豊富で、初心者の方でも育てやすいハーブ... ハーブのひとつ、チャービルの育て方を日記形式でお伝えします。「美食家のパセリ」と呼ばれるチャービルは、繊細な香りと姿形が特... ここ数年で葉を栽培しお茶や入浴剤として活用されるようになった大和当帰の葉、根は古くから補血作用のある生薬として知られ、葉に... カメムシ草という名前を聞いたことがありますか?他にもシャンツァイやコリアンダーなどと呼ばれますが、日本名(和名)での正式な... カレーフレークを使ったことはありますか?カレールーとカレー粉のいいところを集めたものがまさに「カレーフレーク」です。計量が... 夏にグングン成長して獲れすぎたバジル、使い方に困ったことはありませんか?使い切れなければドライバジルにして保存しましょう。... バジルは、料理の香りを豊かにするのに欠かせない香辛料の一つです。そんなバジルの冷凍、冷蔵方法や、解凍方法、バジルの使い方に... 和風ハーブとして広く名が知られているしそですが、実は青じそは常温ではあまりもちません。しかし、青じそは冷凍できるのです。こ... カレーや沢庵の着色に使われるウコンはターメリックとも呼ばれます。そんなウコンの栽培に必要な土作りから苗の植え付け、収穫時期... 食卓に欠かせないアイテムの一つであるごま油。しかし時にはごま油を切らしてしまうこともありますし、ダイエット中なので別のもの... ミントはシソ科ハッカ属の総称です。お菓子やお茶でなじみのあるミントは、栽培が容易です。初心者でも育て方は難しくなく、収穫ま... この記事ではミントの葉の使い方をご紹介します。ミントの葉を使ったミントティーの簡単な作り方から、消臭・虫除け効果が期待でき... レモンのようにさっぱりとフレッシュな香りが人気のレモングラスは、アジアで広く栽培されているハーブのひとつです。さまざまな効... レモンタイムとは、タイムの仲間で香りがレモンに似ています。香りの刺激が少なくさわやかで、ハーブティーやポプリ、入浴剤など使... ルッコラはサラダの中ではアクセントとして、お肉料理では付け合わせとして飾られることの多いハーブです。育て方はとても簡単で、... パイナップルミントは夏のハーブです。リラックスの効能も期待できる香りを持つ葉には虫除けなどうれしい使い方も。増やし方も簡単... 古代ローマ時代から薬として利用されてきたオレガノは香りもよく、育て方もポイントを押さえておけば難しくはありません。オレガノ... 古くから強壮剤として用いられてきた朝鮮人参は、漢方薬やドリンク剤、サプリ、ガム、化粧品などに使用され、その人気は今も衰える... 赤くて酸っぱいハイビスカスティーは、ローゼルという植物からつくります。ローゼルは美容効果や用途が豊富で、適温でなら育て方は... 山椒の木をご存じでしょうか。新芽はよく飾りや香り付けなどに使われます。実もつくだ煮や味噌などに使われることがある、日本古来... ハーブティーはお好きですか?おいしいだけでなく、美容や健康にも良いのですが、どの種類を選んだら良いのか迷ってしまいますね。... パクチーには特有の香りがあり、エスニック料理には欠かせない存在です。比較的手軽に育てられ、露地栽培や室内栽培にも向いていま... よもぎは優れた効能を持ち「和製ハーブ」とも呼ばれています。ここでは、よもぎの基本的な育て方とよもぎの採取・保存方法を、よも... アロマオイルで人気のローズマリーには実はたくさんの種類(品種)があることをご存知ですか?育ち方で品種が分類されています。そ... 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれ... サフランは世界一高価なスパイスの王様です。その効能はすばらしく、古くから漢方や料理、染料などに使われてきました。きれいな黄... 誰でも手軽に育てられるアップルミントは、体に優しい効果・効能が期待できるハーブです。りんごにも似た清涼感あふれる香りを、生... タラゴンというハーブをご存知ですか。タラゴンは特にフランス料理に欠かせないハーブで、「料理の竜」や「食通のハーブ」とまでい... タイムは寒さと乾燥に強く、育て方の比較的な簡単な香草(ハーブ)です。清涼感のある香りが特徴で、斑入りの種類はカラーリーフと... 生命力が高いバジルはとても育てやすく家庭菜園向きのハーブですが、やがて白い花が咲くと栄養分が花にとられるため、せっかくの葉... チャービルとは、ハーブの一種ですが、あまりなじみがないと思われる方も多いでしょう。しかし意外にも身近で、かつ利用しやすいハ... オイスターリーフは、そのまま食べると牡蠣の味がする不思議な植物です。日本ではあまり馴染みがありませんが、料理の付け合わせな... 不老長寿のお茶とも呼ばれるルイボスティーには、体によい成分がたくさん含まれています。しかし、予期せぬ副作用が起こる可能性も... 爽やかで甘い香りのローリエは煮込み料理をするときの定番ハーブとして知られています。適量入れると風味が一段と増すため、カレー... フェンネルシードはセリ科「フェンネル」の果実です。フェンネルは葉、茎、果実とすべて食べられるハーブで、部位によってさまざま... シソ(大葉)の水耕栽培!発芽のコツやおすすめの液肥など詳しく解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, 台所用のスポンジを使った水耕栽培の方法をご紹介します。野菜を育てるのに土が必要だと思いがちですが、水と肥料と野菜の種があれば家庭で簡単に野菜を育てることができます。スポンジを培地に、ペットボトルで水耕栽培用のプランターに利用した栽培方法です。. 3.間引くときは根元からはさみでカットする, 培地のシソの苗もおなじように、じょうごのように逆さまにセットした容器に入れ込みます。根を下の液肥の溶液におろします。満水にはせずに上部2~3cmは空気を入れる意味で開けておきます。液肥は数日おきに新しいものにかえるとよいです。藻の発生をふせぐためにアルミホイルや黒い紙でボトルの液肥が入っている部分をかくします。, 水耕栽培のシソも通常のプランター栽培や家庭菜園のシソとおなじように収穫します。20cmほどまで育てば、上部を摘んでわき芽を育てたりもできます。ふつうの路地栽培ですと収穫は夏場だけですが、適温の室内栽培ならば通年期間栽培でき虫の害も気にせずに楽しめます。, シソは発芽し双葉が出たときから収穫できます。間引いたときの柔らかな二枚葉は「芽じそ」として刺身やサラダなどのトッピングになります。普通に葉を収穫して利用し、花が咲いてきたら「花穂じそ」そして種ができる前の「実じそ」はお漬物にもなります。利用方法がいろいろあるのでたくさん収穫したいですね。, 収穫したシソは活けて保存がおすすめです。くきを少しのこして、茎だけが水に浸かるていどの水をびんにいれ蓋をしめて冷蔵庫の野菜室か最上段で保存します。1週間以上、新鮮なままで保存できますが、冷えすぎると黒くなりますので注意が必要です。, 抗酸化作用もあり、刺身のつまになるほどの殺菌力もつよいシソは便利な香味野菜です。土を使わずに室内で栽培ができればおおいに利用したい食材ですね。いま清潔で無農薬の栽培方法として水耕栽培がしずかなブームです。シソを足掛かりに、いろいろな野菜やハーブを水耕栽培で育ててみませんか?, 子供の頃、父が買い求めたシンビジウムの「マリリンモンロー」当時珍しかったうす紫色のばら「ブルームーン」がガーデニングの原点です。プロの料理人としての活動後、大好きな料理につかうハーブや夏野菜を育てて楽しんでいます。. すっきりとした香味が人気で、刺身のつまなど薬味としてもおなじみのシソ(紫蘇)。シソは栄養価が高く、抗酸化作用や殺菌作用もあります。育て方も簡単で、プランターや鉢でも栽培可能です。今回はシソ(紫蘇)の育て方について、種まきから収穫までの栽培のコツをご紹介します。, シソ(紫蘇)は中国やビルマ、ヒマラヤを原産とするシソ科植物です。一般に種をまいて育てますが、さし木もできます。秋にピンクや白の花を咲かせます。シソはふつう葉っぱの部分を利用しますが、花も花穂紫蘇(はなほじそ)として食べることができます。, シソには赤い色の「赤シソ」と緑色の「青シソ」があります。赤シソは主に、梅干しなどと一緒に漬け込むか、シソジュースの材料に利用されます。一方、青シソは刺身や素麺などに添える薬味をはじめ、天ぷらなどでも食され、別名「大葉」とも呼ばれます。花穂紫蘇(はなほじそ)として利用されるのは主に赤シソの花穂です。, シソは古くから薬草として利用されていました。日本には中国から伝わり、室町時代には食用されるようになったといいます。βカロテン、ビタミンB、カリウムといった栄養素を含み、中でもβカロテンを多く含むので抗酸化作用、がん予防に効果的です。また、香りには殺菌・防腐作用があり、刺身のつまとして添えるのに最適で、食中毒予防に有効です。, シソは日なたを好みます。日当たりのよい場所で管理しましょう。しかしながら、強い直射日光にあたり続けると葉っぱが硬くなりがちです。半日陰くらいまでであれば栽培可能ですので、葉っぱの柔らかさや香りを楽しむには半日陰に置くのもよいでしょう。, シソは湿気を好み、乾燥させるとたちまち葉っぱがしおれてしまいます。水やりはこまめに行いましょう。特に夏場は水切れを起こしやすいので注意が必要です。, 植え付け時に緩効性化成肥料を混ぜ込みます。その後収穫できるくらいまで育ったら、2週間に一度を目安に追肥するとよいでしょう。追肥は液体肥料で構いませんが、窒素分が多すぎると葉が硬くなり、香りも弱くなります。またアブラムシがつきやすくなるので、こまめに観察しましょう。, シソの生育適温は20℃~23℃くらいです。あまり早く種をまいても、温度が低いとうまく育たないことがあるので、5月頃まで待って種をまくとよいでしょう。, 種まきの適期は5月頃です。土を事前に湿らせておき、種を水につけておいてからまくと発芽率を高めることができます。重ならないように種をまいたら土をかぶせずに水をやり、そのまま土が乾燥しないよう管理します。, 種から育てる場合は条件が合わず、発芽しないこともありますね。初めて育てる場合は、苗から育てるのもよいでしょう。苗は4月~5月頃に園芸店やホームセンター、オンラインショップで購入できます。, 葉っぱが5枚くらいまで育ったら植え付けの適期です。元のポットよりも一回り大きな穴をあけ、根鉢を傷つけないよう気を付けながら植え付けます。根がしっかり張るまでの1週間ほどは乾かないように水はたっぷりめに与えます。, 本葉が5~6枚ほどになったら、成長が遅いものや茎のかたちが不格好なものを間引きましょう。間引くことで株と株の間にほどよいスペースを確保でき、残した株の成長を促します。, 摘心すると脇芽の成長を促し、葉の収穫量を増やすことができます。葉っぱが10枚以上まで育った頃を目安に摘心しましょう。下から数えて3節~5節のあたりを摘心しますが、この時新芽が出ている茎は残すようにします。, 本葉が10枚以上になったら葉っぱの収穫ができます。収穫するときは下のほうの葉っぱから採るのがポイントです。, シソは本葉が2~3枚くらい出た頃を芽紫蘇(めしそ)と呼び、刺身のつまなどに利用できます。また、9月頃には花穂を、種ができたら穂紫蘇(ほしそ)として食べることができます。, シソは湿気を好むので、土が乾燥しないように管理しますが、このことが虫にとっては好都合です。アブラムシやヨトウムシなどの害虫対策を必要に応じて施しましょう。, 防虫ネットを張るとバッタなどの大きめの虫からもシソを守ることができます。ネットを張るのであれば、苗が小さいうちに行いましょう。苗が小さなときほど葉っぱの数を守り、成長を促す必要があるためです。, 木酢液(もくさくえき)は木を燃やして炭にするときに出る水蒸気を液体にし、有害成分を除去したもので、ホームセンターや園芸店で購入できます。焦げ臭いにおいがすることから、虫や動物が嫌い、防虫・害虫駆除に有効です。, コーヒーかすにはコーヒーの香りで虫をよせつけない防虫効果が期待できます。しその株元に置くだけでよいので手軽で、その上コーヒーかすは肥料にもなるので一石二鳥ですね。. 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれば一年中収穫できて便利ですね。水耕栽培は土の代わりに水と液肥をつかって育てるシンプルな栽培法です。シソの水耕栽培のコツを調べてみました。 って、それを水耕栽培にしましょう。, 必ず「茎」が水に浸かっているようにしてください。.

ハムスター 仰向け 威嚇 9, Regza 32s8 電源 入らない 6, Iis リサイクル コマンド 6, 金曜ロードショー ハリーポッター 2020 4, Switch バイオハザードリベレーションズ2 攻略 15, ユスリカ 虫 よ け 6, 立命館 中 偏差値 6, バッチ 管理者として実行 パスワード 12, サージカルマスク 箱 小さめ 27, ポケモンgo グループコード 掲示板 14, 断酒 効果 肌 22, Ipad 楽譜 移調 16, 長野 Bmw 評判 4, ガス 保証金 2万 6, サイコロ 確率 重心 10, Aquos 電話帳 削除 4, 名探偵コナン 最新話 1056 11, イラレ Osaka フォント 4, Zガンダム3号機 初期検証型 違い 7, Ps4 アバター セイバー 15, 上野 ホテル 宴会 4, 仕事 休む 病院行かない 7, Plug In Your Cm Device To Get Started Wraith Spire 6, ミミッキュ ポリゴン 鳴き声 43, しぶ こ ユーチューブ 5, しずかちゃん イラスト かわいい 11, 篆書 体 浦 5, 秀丸マクロ 文字列 置換 7, Yzf R1 エラーコード69 8, 猫 去勢 安い 病院 千葉県 6, 平安時代 遊び 庶民 18, Flux Ds Ltd 18 19 5, Android Nas 動画再生 6, スラップ できない ベーシスト 6,